ライフ

日本初の「動物義肢装具士」に密着 体形に合わせて手作り

けがや病気により、肩関節が不安定になったペットの肩をサポートするショルダー型装具。歩行や立位を補助する。装具は2万5000円~

 病気や事故で体が不自由になる。それは、人間のみならず犬や猫などのペットも同じだ。そんな動物たちの行動範囲を広げ、不自由さを軽減させるため、義肢やコルセット、サポーターなどの装具を作っているのが、動物義肢装具士の島田旭緒(あきお)さん(38才)。一匹一匹に合わせた装具を作るため、日夜、試行錯誤を積み重ねる島田さんの作業現場を訪ねた。

◆動物用義肢装具の中で唯一無二の存在

 動物向けの義肢装具がないことに、島田さんが気づいたのは、18年前のこと。人間の義肢装具を作るために、福祉関係の専門学校で学んでいた頃だ。

「もともとは、体に障害を持つ祖父のような人のために義肢を作りたくて専門学校に通っていたんです。でも、学校で課題に取り組む中、動物用の義肢がないことにふと気がついて…」(島田さん・以下同)

 卒業論文のテーマを動物用の義肢装具に決めた島田さんは「動物の義肢は必要ですか?」というアンケートを、動物病院50軒と飼い主200人に実施。9割近くが「必要」と答えた。

「そもそも義肢装具の歴史自体が浅く、人間の義肢装具ができたのも1988年のこと。動物の世界で義肢装具がなかったのは、昔『犬や猫は放っておいても生きているもの』と、ややなおざりにされていたからかもしれません。

 ただ、10年くらい前のペットブームにより、ペットにお金をかける人が増え、医療の進歩と相まってペットも長寿になった。それで人間同様、足腰が立たなくなったり、首を傷めることも増え、動物用義肢装具が必要になってきたのです」

 島田さんは専門学校卒業後、人間の義肢装具を製作する会社に就職。並行して動物用の義肢装具の研究を進めていく。そんなある日、知人が飼っていたチワワが事故に遭い、背骨を骨折してしまう。

「知人に付き添って行った動物病院の先生が、布団を固定してコルセットを自作されていたんです。それを見た時に、動物用の義肢装具は必要だとはっきり感じ、自分でも作ってみることにしました」

 そこから島田さんの挑戦が始まる。この時知り合った獣医師に教えを請い、平日は人間用の義肢装具士として働き、土日は動物用の義肢装具の開発に精を出した。

 そして12年前、動物専用の義肢装具会社を設立した。

動物義肢装具士の島田旭緒さん

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン