芸能

ナイツ塙宣之が語る漫才論「ヤホー漫才のルーツはYMO」

2018年、M-1審査員を務めた塙さん。「どうしたらウケるかだけを考え続けてきました」

 年末の風物詩ともいえる「M-1グランプリ」決勝に向けて、今年も予選が行われている。そんな中、2018年に審査員を務めたナイツ塙宣之さんの漫才論『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(聞き手・中村計/集英社新書)が話題だ。3度決勝の舞台に立ち、08年には最終決戦に進みながらも優勝はなく、「M-1は僕にとってトラウマ以外の何ものでもありません」。だからこそ、あふれ出るM-1への愛。小学4年生でお笑いデビューして以来、「どうしたらウケるか」だけを考え続けてきたという塙さんに、話を聞いた。インタビュー【前編】は、M-1について、そして、ナイツの「ヤホー漫才」についてお届けする。

* * *

◆「笑いは語るものではない」への反論

──塙さんが土屋伸之さんとナイツを結成されたのは2001年、約20年が経ちました。いまや漫才協会の副会長を務める塙さんが、満を持して「漫才論」を出された、という印象を持ちました。

塙:どうしたらウケるか、だけをずっと考えてきたので、そろそろ吐き出したかったんです。飲みの席などで、笑いは語るものではない、と言う芸人もいますが、そう言ってる時点で語ってると思うんですね。そういう人に限って、実は話したがっていたりもしますし。インタビューを受けたことをきっかけに本の依頼をいただいたので、カッコつけずに、この機に、大いに語ろうと思いました。

──2018年にM-1の審査員を受けられました。審査員を辞退される芸人もいるようで、塙さんも悩まれたとのことですが、最終的に引き受けられた理由は?

塙:漫才だけはめちゃくちゃやってきた、という自覚があったからですね。たとえばニュースやワイドショーのコメンテーターは、僕はできないです。でも、漫才ならずっとやってきたから、光栄にも依頼をいただいたなら、やればいいじゃないかと。ギャラももらえますしね(笑)。

──2018年の最終決戦で、「霜降り明星か、和牛か、えぐいくらい悩んで」、霜降り明星を選んだワケから始まり、M-1とはどういう大会かを分析されています。「M-1は100メートル走」という持論をはじめとても分かりやすく、これを読めば、優勝はともかく、いいところまで行けそうです。

塙:しかし僕らは勝っていないから「言い訳」なんですよね……。負け惜しみです。そうやって読んでいただけたら。

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン