芸能

くみっきー結婚、「夫はホスト王」情報で歌舞伎町に悲鳴が

モデルとして絶大な人気を誇るくみっきーこと舟山久美子(時事通信フォト)

モデルとして絶大な人気を誇るくみっきーこと舟山久美子(時事通信フォト)

「くみっきー」の愛称で知られ、平成のギャルファッションシーンを牽引した人気モデルの舟山久美子(28)が、9月16日に結婚したことを翌17日の日本テレビ『ヒルナンデス!』で生報告した。

 相手の男性とは、通っているジムのトレーナーを介して知り合ったといい、読書の趣味も合うことで意気投合。ハワイの海で手紙を読まれてプロポーズされたという。「ありのままのクミが好き」という甘い言葉に、くみっきーは号泣しながら「お願いします!」と即答したという。

「すごく優しくて、仏のような人。映画館で3秒で寝ても、料理を失敗しても怒らなくて、洗濯ものが生乾きでも『いいにおい』と言ってくれます」

 愛されエピソードをこれでもかと紹介し、まさに幸せの絶頂をアピールしたくみっきー。お相手については、自身の公式ブログで「36歳、一般男性の方です」と説明しているが、実はこの相手をめぐり、新宿・歌舞伎町界隈がザワついているのだという。

「くみっきーの旦那さんは、カリスマホストの冬月翔さんだと言われています。19才でホストの世界に入って、たった2か月で店のナンバー2に。20才の若さで独立すると、『冬月グループ』を立ち上げて大成功しました。今では歌舞伎町を中心に24店舗ものホストクラブを持つ、業界最大の勢力を誇るグループです。冬月さんは経営手腕も抜群で、実業界からも注目されている人物です」(芸能関係者)

 一般男性というよりも若手実業家と言えそうだ。では、なぜ歌舞伎町がザワつくのか?

「歌舞伎町では2人が結婚したことは間違いない、と広まっています。そんな中、くみっきーがツイッターで“前撮り”として、ウェディングドレス姿の写真をアップしているんです。それに反応したのが、冬月さんに近い関係のホストに、多額の“投資”をしてきた客たち。

 彼女たちが危惧しているのは、結婚式に出席したホストたちが、くみっきー側の出席者であるモデル仲間と接点を持つのではないかということ。結婚式は独身の人にとっては“出会いの場”ですから。新郎側のホスト仲間、新婦側のモデル仲間が合コン状態になったり、くみっきーのように恋愛にまで発展したら……と、『自分の担当(のホスト)がモデルに食われる!』と想像を飛躍させてしまっている人がいるんです。ホストの客たちが書き込むネットの掲示板では、『担当が結婚式に出られないようにするには、どうしたらいいか』などと妨害行為を匂わす発言まであります」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン