芸能

くみっきー結婚、「夫はホスト王」情報で歌舞伎町に悲鳴が

モデルとして絶大な人気を誇るくみっきーこと舟山久美子(時事通信フォト)

モデルとして絶大な人気を誇るくみっきーこと舟山久美子(時事通信フォト)

「くみっきー」の愛称で知られ、平成のギャルファッションシーンを牽引した人気モデルの舟山久美子(28)が、9月16日に結婚したことを翌17日の日本テレビ『ヒルナンデス!』で生報告した。

 相手の男性とは、通っているジムのトレーナーを介して知り合ったといい、読書の趣味も合うことで意気投合。ハワイの海で手紙を読まれてプロポーズされたという。「ありのままのクミが好き」という甘い言葉に、くみっきーは号泣しながら「お願いします!」と即答したという。

「すごく優しくて、仏のような人。映画館で3秒で寝ても、料理を失敗しても怒らなくて、洗濯ものが生乾きでも『いいにおい』と言ってくれます」

 愛されエピソードをこれでもかと紹介し、まさに幸せの絶頂をアピールしたくみっきー。お相手については、自身の公式ブログで「36歳、一般男性の方です」と説明しているが、実はこの相手をめぐり、新宿・歌舞伎町界隈がザワついているのだという。

「くみっきーの旦那さんは、カリスマホストの冬月翔さんだと言われています。19才でホストの世界に入って、たった2か月で店のナンバー2に。20才の若さで独立すると、『冬月グループ』を立ち上げて大成功しました。今では歌舞伎町を中心に24店舗ものホストクラブを持つ、業界最大の勢力を誇るグループです。冬月さんは経営手腕も抜群で、実業界からも注目されている人物です」(芸能関係者)

 一般男性というよりも若手実業家と言えそうだ。では、なぜ歌舞伎町がザワつくのか?

「歌舞伎町では2人が結婚したことは間違いない、と広まっています。そんな中、くみっきーがツイッターで“前撮り”として、ウェディングドレス姿の写真をアップしているんです。それに反応したのが、冬月さんに近い関係のホストに、多額の“投資”をしてきた客たち。

 彼女たちが危惧しているのは、結婚式に出席したホストたちが、くみっきー側の出席者であるモデル仲間と接点を持つのではないかということ。結婚式は独身の人にとっては“出会いの場”ですから。新郎側のホスト仲間、新婦側のモデル仲間が合コン状態になったり、くみっきーのように恋愛にまで発展したら……と、『自分の担当(のホスト)がモデルに食われる!』と想像を飛躍させてしまっている人がいるんです。ホストの客たちが書き込むネットの掲示板では、『担当が結婚式に出られないようにするには、どうしたらいいか』などと妨害行為を匂わす発言まであります」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン