• TOP
  • ライフ
  • 近畿の「ご飯のおとも」 鴨みそ、そぼマヨ、生しば漬など

ライフ

2019.10.16 07:00  週刊ポスト

近畿の「ご飯のおとも」 鴨みそ、そぼマヨ、生しば漬など

滋賀の「鴨みそ」

 炊き立ての新米と相性抜群の“ご飯のおとも”。ついつい、おかわりしたくなる近畿地方のご当地絶品おかずを紹介しよう。(価格は取材時点)

【滋賀】
「鴨みそ」(一湖房)/864円(200g)

鴨肉がたっぷり入った贅沢な味

 看板料理「合鴨ロース」の切り落とし肉を長時間炒めた玉ネギに加えて炊き込み、地元の米麹味噌と合わせた肉味噌。鴨肉たっぷりで、おかずが足りないときも大満足。おにぎりや生野菜にもよく合う。

・一湖房/滋賀県長浜市三ツ矢元町11-20

【京都】
「生しば漬 お得用」(辻しば漬本舗)/660円(260g)

京都の「生しば漬」

塩だけで漬け込んだ元祖しば漬

 京都三大伝統漬物の一つ「大原の生しば漬」の製法を守り、赤シソとナス、塩だけで仕込んだ。鮮やかな色合いと、乳酸発酵による独特の酸味と香りが、いつものご飯に爽やかな彩りを与えてくれる。

・辻しば漬本舗/京都府京都市左京区大原上野町483

【大阪】
「まつのはこんぶ」(花錦戸)/2160円(75g)

大阪の「まつのはこんぶ」

大阪の料亭が手がける塩昆布

 スッポンの出汁で炊き上げた北海道産の真昆布を松の葉のように細く刻み、山椒の香りを利かせた塩昆布。大阪の老舗料亭・花錦戸の作で、これ一つでいつものご飯が上品で奥深い味に一変する。

・花錦戸/大阪府大阪市西区新町1-16-11

関連記事

トピックス