芸能

木村拓哉 日曜夜の包丁さばきはアッパレと言うしかない

『グランメゾン東京』の撮影が行われたパリの三ツ星レストラン「ランブロワジー」。(写真/ロイター/アフロ)

 今クール最大の注目作は順調に滑り出した、かのように見える。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
『グランメゾン東京』(TBS系日曜午後9時)が話題を集めています。キムタク主演、パリの有名レストランを貸し切っての大規模ロケ。贅沢な食材に贅沢な配役、そして主題歌に山下達郎「RECIPE(レシピ)」……制作費は1話1億円ともささやかれています。そう、「鳴り物入り」とはこういう作品のことを言うのでしょう。

 肝心の評判は……順風満帆の船出と言ってもいい数字。第1話の視聴率が「二桁に乗った」というニュースに色めきたった人もいるはずですが、続く第2話はさらに数字を伸ばし13.2%(関東地区)。

 配役についても、安定感があります。木村拓哉を中心軸に沢村一樹、及川光博らが脇を固め、ライバルには尾上菊之助、手塚とおる。そして何よりも、いぶし銀の味を出しているのが女バディ的役割の鈴木京香。シェフ・早見倫子役を演じる鈴木さんの存在感が素晴らしい。ピッと背筋が伸びていて、凜としていて清々しい。その力がキムタクを輝かせています。

 キムタクの相手役として、ありきたりな、例えば若かったり美しいだけがとりえの女優「ではない」と、こうも物語の幅が広がるのか。目からウロコです。

 倫子は仕事師としての経験とプライドと夢を持ち、キムタクと同等の立場でフラットに登場。丁々発止のやりとりをしています。簡単には恋愛エピに流れない構成を感じさせる。これなら、レストランの挑戦話にじっくりと集中できる。無理矢理入れた恋愛エピに時間を消費しなくて済む。むしろほっとしている視聴者も多いのではないでしょうか。キムタクの周囲に同世代のおじさんやおばさんを配置する物語作りは、今後ドラマの可能性を拓く予感もします。   

 仲間とタッグを組み、それぞれ違う持ち味を発揮し、高い壁を乗り越えていく。そんな挑戦物語に新鮮味を感じます。

 そして何よりも注目すべき点が、木村拓哉演じるシェフ・尾花夏樹の役作りでしょう。「何をやってもキムタク」の汚名を返上すべく、捨て身の勢い。まず、尾花を演じるに当たって、「どん底の人生を送っている男はどんな服装をしているのか」ということにこだわったのだとか。たしかにレストランをクビになった尾花という男、よれっとした古着に身を包み、栄養不足のようにも見えるやつれたくすみ気味の肌をしています。

 あの妙な髪型も気になります。もやもやっとした前髪にサイドは刈り上げ。敢えて伸ばし気味の茶髪、強めにパーマ?をかけ、何だか野暮ったい。「堕ちた人の、やさぐれ度」まで醸し出そう、という狙いなのでしょう。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン