スポーツ

SBホークス3連覇支えたキーマンが語る「データ野球」の秘密

日本シリーズ優勝の歓喜に湧いたソフトバンク(撮影/山崎力夫)

 2019シーズンのプロ野球は、ソフトバンクホークスの日本シリーズ3連覇で幕を閉じた。読売ジャイアンツを4勝0敗で退け、CSファーストステージ第2戦から破竹の10連勝。この短期決戦の圧倒的な強さを支えたのが、12球団一といわれるチーム戦略室の存在だ。どのようなデータを準備し、それがどう結果に反映されたのか。チームのデータ戦略のキーマンである関本塁・データ分析担当ディレクターに、ホークスの誇るデータ野球の真髄を聞いた。

 現代野球において、データの存在価値は年々高まっている。日本プロ野球界の中で、そのデータを最も有効に活用しているチームが、福岡ソフトバンクホークスだ。

 投球や打球の回転数などを測定できる「トラックマン」はもちろん、「ファストモーション」と呼ばれるAIトラッキングシステムを本拠地ヤフオクドームに導入。メジャーリーグと同レベルのデータを計測できる仕組みが築かれている。

 野球におけるデータには、さまざまな種類があり、使用目的も分かれている。その中で「短期決戦」において重要となるデータとは──「一言でまとめれば、相手チームや選手の傾向ですね。たとえば、相手バッテリーの配球にどんな傾向があるのか。相手打者の得意なコースはどこか。逆に苦手な球種は何か。そういうデータです」(関本氏)。

 ただ、こうした相手チームの分析は、野村ID野球の時代からすでに行なわれてきた。従来のものと、ホークスのデータ分析はどこが違うのか。

「一概には比較できませんが、 データを効率よく蓄積できることによって、以前より精度が上がっていると思います」

 たとえば、相手投手を分析する時、ホークスでは、2つの視点からその特徴や傾向を探っていくという。

「一つは、球種を軸とした分析方法ですね。特定の投手のすべての投球データを球種ごとに振り分けると、傾向が見えてくることがあるわけです。たとえばジャイアンツでいえば、『菅野投手が左バッターに対して、ある球種を投げるときは、ほとんどこのコース』とか、『山口投手がこの球種をこのコースに投げてきた場合はほとんどボール』というもの。交流戦もありますし、来年の日本シリーズで再びジャイアンツと対戦する可能性もあるので、あまり詳しくは語れませんけどね」

データを活用する大竹耕太郎投手(撮影/藤岡雅樹)

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン