スポーツ

SBホークス3連覇支えたキーマンが語る「データ野球」の秘密

関本塁・データ分析担当ディレクターは「精度は上がった」と語る(撮影/藤岡雅樹)

 ホークスでは、これらの分析のために専用の解析アプリケーションを作成している。まず、トラックマンのデータと映像データを基に、その投手の全投球を、捕手から見たストライクゾーンのチャート上に点で配置。球種別に色分けもされており、視覚的に認識しやすい工夫も成されている。

 そこからさらに分かりやすくするために、球種ごとのデータを抽出。ストレート、スライダー、カットボール、ツーシームなど球種別にそれぞれ、ストライクゾーンのチャートで表示できる。また選手は、球団がライブリッツ社 (スポーツのデータ分析を得意とするIT企業)と共同で開発した専用アプリケーションを通して、それらのデータに24時間アクセス可能だ。

 今回特別に、「写真は撮らない」という条件でデータアナリストと首脳陣だけが共有する分析チャート画面をタブレットで見せてもらった。そこには日本シリーズ前の過去数試合で、ジャイアンツのある主力投手が投じたある球種のチャートが、ストライクゾーンを9分割した中のある1か所に固まって表示されていた。

 二つ目の視点は、打者ごとの分析だ。

「こちらはオーソドックスな分析です。たとえば、直近のセ・リーグのCSで阪神の近本(光司)選手にこういう攻め方を続けていた……という傾向を読み取れたら、ウチの似たようなタイプの選手にも同じ攻め方をしてくるのではないか。そういう分析をして、情報として選手に提供したわけです」

 こちらのデータに関しても、解析アプリ上で、ある打者に対してジャイアンツ投手陣がどのような配球をしたか、一目でわかるチャートが表示されるようになっている。

 12球団一といわれるホークスのデータ戦略は、最新技術によって支えられている。その優れた分析能力でジャイアンツの選手の特徴を掴み、日本シリーズで圧倒したのも納得だ。

 しかし、最近は日本球界でもデータ野球の重要性が浸透してきており、実際に各球団にデータ解析の部署が誕生している。多少の精度の違いは生まれるかもしれないが、どのチームにも、ホークス並の分析は可能なのではないだろうか。

「おっしゃる通りですね。ではウチのどこが優れているか……少なくともホークスでは情報を共有するシステムがしっかりと構築されています。そこが一番の強みでしょうね」

 現在、ホークスのデータ分析チームは5名構成。データ分析担当ディレクターである関本氏の下には、野手担当の加藤暁彦、バッテリー担当の吾郷伸之の2人のアナリストがいて、各ミーティングを担当している。

「ウチは個別に選手と担当コーチ、アナリストの3人でミーティングを行ないます。その個別ミーティングも全面的に信頼して、加藤と吾郷の2人に任せています。各選手、首脳陣、データ分析チーム、そこでデータをうまく共有できている点が強みだと思います」

データ活用が優勝につながった(撮影/山崎力夫)

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン