芸能

八千草薫さんの秘話をマネジャー告白、百恵さんと確執の真相

10月24日、亡くなった八千草薫さんは生涯女優として活躍

 10月24日に膵臓がんのために帰らぬ人となった女優の八千草薫さん(享年88)。その裏話をマネジャーが明かす──。

 八千草さんの葬儀に参列した友人はこう話す。

「野に咲いている花が好きだったので、祭壇もそのイメージでした。生前に、お墓も新しく作り、ご主人とお母さんとそこに入ると決めていました。戒名も予め用意していたのだと思います。お通夜の時に住職に教えていただいた時は、かっこいい戒名だなと思いましたね。驚いたのは、火葬した時にお骨が太くて大量にあったこと。本当に骨が強くて内臓も丈夫な人でした」
 
 40年間にわたって八千草さんのマネジャーを務め、所属事務所の社長でもある原田純一さんは、亡くなる前日に病院を訪れていたという。

「入院中はほぼ毎日、病院に顔を見に行っていました。23日にはお手伝いさんが持ってきたまつたけご飯を“おいしい、おいしい”って言って食べて、“あなたも食べなさいよ。おいしいから”ってぼくにも強引にすすめてくれました。

 亡くなった日、八千草さんは一度起床したのですが、その後容体が急変しました。朝6時半くらいに見知らぬ番号から電話がかかってきて、それが病院からだった。前日には元気そうに“明日はひらめのおつくりを一緒に食べましょうね”って言っていたから、ショックでしたね。最期は本当に眠っているようでした。最後まで仕事に戻る気持ちだったと思いますよ」(原田さん)

 好きなものを食べ、仕事も趣味もマイペースを貫いた。まさにPPK(ピンピンコロリ)の理想通りの生き方だった。

 夫を亡くし、きょうだいも子供もいない八千草さんだが、遺品整理には着手していた。

「80才になり、遺品を誰に残すか整理をされていました。宝石類を細かくこれはこの人に、あれはあの人にと…その作業の途中に“私の思い出がなくなっちゃうみたい”とつらそうにしていました。遺言書も作成しています」(前出・友人)

 八千草さんの死は中国でも伝えられた。目立ったのは、中国でも大ヒットした山口百恵さん(60才)主演のドラマ『赤い疑惑』(1975年、TBS系)の名前を挙げ、「山口百恵の母親を演じ、中国の視聴者にもよく知られた」という報道だ。

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン