芸能

八千草薫さんの秘話をマネジャー告白、百恵さんと確執の真相

10月24日、亡くなった八千草薫さんは生涯女優として活躍

 10月24日に膵臓がんのために帰らぬ人となった女優の八千草薫さん(享年88)。その裏話をマネジャーが明かす──。

 八千草さんの葬儀に参列した友人はこう話す。

「野に咲いている花が好きだったので、祭壇もそのイメージでした。生前に、お墓も新しく作り、ご主人とお母さんとそこに入ると決めていました。戒名も予め用意していたのだと思います。お通夜の時に住職に教えていただいた時は、かっこいい戒名だなと思いましたね。驚いたのは、火葬した時にお骨が太くて大量にあったこと。本当に骨が強くて内臓も丈夫な人でした」
 
 40年間にわたって八千草さんのマネジャーを務め、所属事務所の社長でもある原田純一さんは、亡くなる前日に病院を訪れていたという。

「入院中はほぼ毎日、病院に顔を見に行っていました。23日にはお手伝いさんが持ってきたまつたけご飯を“おいしい、おいしい”って言って食べて、“あなたも食べなさいよ。おいしいから”ってぼくにも強引にすすめてくれました。

 亡くなった日、八千草さんは一度起床したのですが、その後容体が急変しました。朝6時半くらいに見知らぬ番号から電話がかかってきて、それが病院からだった。前日には元気そうに“明日はひらめのおつくりを一緒に食べましょうね”って言っていたから、ショックでしたね。最期は本当に眠っているようでした。最後まで仕事に戻る気持ちだったと思いますよ」(原田さん)

 好きなものを食べ、仕事も趣味もマイペースを貫いた。まさにPPK(ピンピンコロリ)の理想通りの生き方だった。

 夫を亡くし、きょうだいも子供もいない八千草さんだが、遺品整理には着手していた。

「80才になり、遺品を誰に残すか整理をされていました。宝石類を細かくこれはこの人に、あれはあの人にと…その作業の途中に“私の思い出がなくなっちゃうみたい”とつらそうにしていました。遺言書も作成しています」(前出・友人)

 八千草さんの死は中国でも伝えられた。目立ったのは、中国でも大ヒットした山口百恵さん(60才)主演のドラマ『赤い疑惑』(1975年、TBS系)の名前を挙げ、「山口百恵の母親を演じ、中国の視聴者にもよく知られた」という報道だ。

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン