国内

温暖化で「沖縄」が過ごしやすい避暑地になる可能性も浮上

水害にあった武蔵小杉(時事通信フォト)

 確実に気候変動を痛感することが増えているといえる昨今。ここ数年の8月は最高気温が35℃を超える日が続き、熱中症による搬送者も増加。2018年には過去最高人数を記録した。さらには、豪雨に洪水、台風と自然災害も続発している。

 こういった気候変動によって、農業への打撃は大きい。天候不順が野菜の高騰をもたらすのはもちろん、海水温度の上昇が生態系に影響を与え、漁獲量の減少も見込まれるのだ。

 打撃が大きいのは食べ物だけではない。住居の価値にも大きな影響をもたらすことが予測されている。

 10月12日に台風19号が東日本を直撃した際、豪雨によって多摩川沿いの街が甚大な被害を受けた。なかでも「住みたい街」ランキング上位の常連だった武蔵小杉(神奈川)のタワーマンションではエレベーターが停電のため停止して、排水不能のためトイレが使用できなくなるという大混乱が生じた。

 不動産鑑定士の武藤悠史さんが指摘する。

「東日本大震災の時は、液状化現象に見舞われた千葉県浦安市の地価が一時20~30%程度下落したそうです。今回の台風でタワーマンションの電気系統やトイレのトラブルが明らかになった武蔵小杉も街のブランドに傷がつき、一時的なものであるとは思いますが、不動産価格が下落傾向になることは避けられません」

 武蔵小杉以外でも浸水した地域は要注意だ。

「実際に浸水があった地域は、“あえてここを買う人はいない”ので、需要が減り、地価は下落します。なかでも地盤の低い地域にあるマンションや、半地下の物件は避けられるし、そのような物件の価格は下がると考えられます。

 ただし、人間は良くも悪くも忘れやすい生き物です。東日本大震災の時に液状化により価格が下がった浦安の土地も、今はまた値段が上がっています。長期的な目で見極めることが大事でしょう」(武藤さん)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
党員資格停止になったが、「自民党」のポスターやノボリを使う下村博文・元文科相(写真/共同通信社)
安倍派幹部の下村博文・元文科相、「党員資格停止1年」処分でも「自民党」のノボリを立て街頭演説 自民地方議員の間では世代交代求める動きも
週刊ポスト
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン