• TOP
  • 国内
  • 中学校が校則全廃、相手の状況考えられる優しい心育てられた

国内

2019.11.20 16:00  女性セブン

中学校が校則全廃、相手の状況考えられる優しい心育てられた

東京都世田谷区立桜丘中学校長の西郷孝彦さん

 わが子のみならず、生徒すべてを無意識に“うちの子”と呼ぶこの母親は、「この桜丘中で過ごすうちに、相手の状況を考えられる優しい心も育ててもらった」と、幾度も学校への感謝の言葉を口にした。さらにこう続けた。

「長男は今年で卒業ですが、1年たったら、今度は次男が入学します。世田谷は私立中学校を受験する家庭も多いのですが、毎日楽しそうな兄やその友達を見ている次男は、“ぼくの第一志望は桜丘中学校”と言っています。たとえ校長や先生たちが変わっても、私たち親世代が地域の大人として、この学校のよいところを支えていけたらいいなと思っています」

◆ひとりにすら愛情をかけられない人は…

 西郷さんは、保護者や地域を巻き込み、学校を変えていった。西郷さんは、著書の中でこんな話をしている。

《部活でもクラスの子でも、とても心配な子どもに焦点を合わせ、とことんそのひとりに尽くすのです。毎日話しかける、楽しい会話をする、勉強を教えてあげるのでも、一緒に歌を歌ってあげてもいい。

まずはその子だけを見るのです。すると、「愛情ってこういうことなのかな」とわかってきます。ひとりの子に時間をかけて十分に関わると、なぜかクラスや生徒全体が見えてくるのです。

 ひいきと言われても構いません。本当に心配だから寄り添うのです。なぜその子のことばかり気にするのか、子どもたちだって理解できます。子どもたちにだって、見えているのです。

 逆説的ですが、たったひとりにすら愛情をかけられない人は、全員を大事にすることなど、到底無理なのです。

 私はたったひとりの子どもを大切にしたい。この子にとっての幸せな学校とは? この問いの向こうに、「どんな子でも3年間楽しく過ごせる学校」があると考えています》(一部要約)

 これまで多くの“たったひとり”に寄り添ってきた西郷さんは、そのひとりを取り巻くほかの生徒にも、その親にも、地域までにも目を配り、寄り添ってきたのではないだろうか。

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事

トピックス