芸能

ジャニー喜多川氏の墓は高野山に、隣にはメリー氏の墓も

金剛峯寺壇上伽藍(写真)と奥の院は、高野山の中でも2大聖地とされている(写真/アフロ)

 深い霧に包まれた参道の両脇には無数の石塔。周辺には樹齢数百年の杉の巨木がそびえ、視界の先には墓地が広がる。長い年月の経過を刻んだ苔むした墓が多く、その歴史が感じられる。

 参道から一本脇道に入ると、人の話し声も鳥の声すらも聞こえなくなり、耳に届くのは杉の枝が風に揺れる音ばかり。木々が生い茂る山林に歩を進めると、整備されたばかりの一角に、2基の墓がひっそりとたたずんでいた。

 向かって右は今年7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)の墓、そして左に建つ同じ形の墓は──。

 和歌山県北部に位置する高野山。周囲を標高1000m級の山々に囲まれた盆地で、1200年以上前に弘法大師(空海)によって開かれ、真言密教の修行の場となっている。さまざまな謎を残す場所で、先日発売された歴史小説『高野山』(小学館)をはじめ、多くの戦国史ミステリーの題材にもなっている。

 金剛峯寺を総本山とし、117もの寺院で構成され、「一山境内地」と称し高野山全体がお寺になる。20万墓を超える墓があり、新たにジャニーさんが加わることになる。

 高野山とジャニーさんには、浅からぬ縁がある。ジャニーさんの父・諦道さんは真言宗の僧侶で、一時期はアメリカ・ロサンゼルスにある高野山真言宗米国別院の主務を務めていた。ジャニーさん一家と親交があった人物はこう語る。

「ジャニーさんのお父さんは、高野山にある寺院で得度したんです。得度とは僧侶となる出家の儀式のこと。その後、布教のためロサンゼルスに渡り、その地でジャニーさんは生まれました。2才の時にジャニーさんは、ご家族で帰国して大阪で暮らし始めました。当時、私は大阪で彼らとお会いしたことがあり、親切にしてもらいましたよ。ご家族がアメリカに戻り、東京へ行ったのはその後です。そういった縁があり、ジャニーさんのお父さんのお墓も高野山にあるんですよ」

 高野山の墓地は広いが、なかでも弘法大師が眠る奥の院と呼ばれるエリアには、織田信長や豊臣秀吉、上杉謙信といった、歴史上の人物の墓が並び、歴史好きが足を運ぶ。企業の墓もあり、容器の形をしたヤクルトの墓石、コーヒーカップをかたどったUCC上島珈琲の墓石もよく知られている。

 しかしジャニーさんの墓は周囲の墓よりも広い聖地にあり、シンプルで静謐(せいひつ)さが漂う。日本の芸能界で比類なき活躍をしたジャニーさんならば豪華絢爛な墓石を想像してしまうが…。そこには意図があるようだ。高野山の寺院関係者が明かす。

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン