• TOP
  • 国内
  • 新宿ホスト殺人未遂 ガールズバー元店長の直筆手紙全文公開

国内

2019.12.05 16:00  NEWSポストセブン

新宿ホスト殺人未遂 ガールズバー元店長の直筆手紙全文公開

ガールズバーの店長だった高岡由佳被告(本人のInstagramより)

ガールズバーの店長だった高岡由佳被告(本人のInstagramより)

「好きで好きでしょうがないから刺した」──12月5日、東京地裁で開かれた、ガールズバーの元店長・高岡由佳被告(21)の判決公判。事件は、今年5月23日、東京・新宿区のマンションで、高岡被告が20歳のホスト男性・琉月(るな)さんの腹部を刃物で刺し重症を負わせたというものだった。東京地裁が下した判断は懲役3年6か月の実刑判決だった(求刑は懲役5年)。

 判決当日。被害者の琉月さんが勤務するホストクラブを訪れると、2日前の初公判から一転、鮮やかな赤髪となっていた。「いろいろあったから、気分を変えたくて……」とはにかんだように笑った琉月さん。

 この裁判では、被害者である琉月さんが、刑事罰を求めない嘆願書を出すという異例の展開を辿っていた。実は、その背景には事件後、高岡被告から直筆の謝罪の手紙をもらっていたことがあった。その手紙が、彼に500万円で示談を決意させ、嘆願書を出させたという。

 琉月さんは、何度も俊巡しながらも、「本当のことが伝わるなら」と、高岡被告からの手紙を見せてくれた。

 判決当日の朝、琉月さんは心境をこう話していた。

「俺も悪いし、刺したことも悪いし。ただ俺は彼女に幸せになってほしい。綺麗事のように聞こえるかもしれないけど、それは本当だし」

 高岡被告は、ホストクラブに通うために風俗店でもアルバイトしていた。

「……風俗で働いていたことは、警察から聞きました。彼女にぜんぶ頼りきっていた。辛い思いをしているのはわかっていたけど……ただ(風俗を)やっているならやっていると言ってほしかった。それを聞いてたら、彼女への対応も変わっていたかな。

 彼女が社会に戻れたら、『家族を大事にしてあげて』と言いたい。次に幸せになるんだったら、俺みたいな仕事というか、ホストが悪いわけじゃないけど、俺みたいな人じゃなくて、もっと、いい人がいるから。ちゃんと幸せになってほしい」

 そう語った琉月さん。彼の心を動かした高岡被告の手紙の全文を紹介しよう。

関連記事

トピックス