芸能

生島ヒロシがトーク塾を始める背景 「長年の夢だった」

トーク塾にかける意気込みとは

 フリーアナウンサーの生島ヒロシが来年1月11日に「生島トーク塾」を開講することを発表した。生島本人に加え、TBSアナウンススクールを立ち上げた宮澤隆アナ、元フジテレビの寺田理恵子アナ、元NHKの内藤裕子アナ、日本司会芸能協会副会長の牧野尚之氏、そしてタレントのせんだみつおといった面々が第1回の講師を務めるという。単なるアナウンス術だけでなく、司会進行のテクニックや人との接し方、ビジネスなどで使えるプレゼン方法など、「トーク」にまつわる講義を行う。

 なぜ、トーク塾を始めるのか。生島本人に聞くと、「長年の夢だった」と語った。

「僕はアナウンサーを生業として40年以上、トークの仕事をしています。でももともとはすぐアガってしまうほうで、人前に出るのは大の苦手でした。そんな僕がこの仕事を続けられたのは、喋る力をつけたからです。

 ちょうど自分の事務所を立ち上げて30年という区切りを迎えたこともあり、これまでは自分や事務所のための仕事をしてきましたが、これからは様々な方に僕の持つ喋る力を受け継いでもらえたらいいなあと思っていました。喋ることが苦手な人の気持ちが分かるからこそ、ぜひこうした塾をやりたいとずっと思っていたのです」

 生島がTBSの入社試験を受けた年は4人がアナウンサーに採用されたが、他の3人は学生時代からアナウンス学校に通っていた。それが最初は悩みの種だったという。

「僕は“キャラクター枠”で合格したようなもので、アナウンス技術の基礎がありませんでした。だから、最初の研修やOJTでは本当に苦労した。自分はアナウンサーに向いていないのでは、と何度も悩んだものです。それでもどうにか努力して、多くの方に助けていただき、トークを仕事として続けられた。そのお返しをしたい。それが今回のトーク塾なんです」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン