• TOP
  • ライフ
  • 寒さ対策の間違った常識 首・手首・足首「3首」の温め方

ライフ

2019.12.17 16:00  週刊ポスト

寒さ対策の間違った常識 首・手首・足首「3首」の温め方

体積が倍ぐらいになっている人も見かけるが…

 寒さ対策には首・手首・足首の“3首”を暖めることが大切だが、やり方を間違うと逆効果になる。

◆靴下の重ね履きには「5本指」を

 末端冷え性の人がついやってしまうのが「靴下の重ね履き」だ。イシハラクリニック副院長の石原新菜医師がいう。

「『頭寒足熱』とよく言われるように、寒い時期に足を暖めるのは大切です。しかし、靴下を何枚も重ねると血流が阻害され、より足先の冷えが進みます。とくに高齢になると筋肉量が落ちて血流が悪くなりやすいので、重ね履きは避けるべきです」

 重ね履きをする場合、一番下に「5本指ソックス」を着用すると良いという。

「5本指ソックスなら指先を自由に動かすことができるため血行の邪魔になりにくい。その上からモコモコした靴下を1枚重ねるだけで足元の防寒対策は万全です」(石原医師)

◆マフラー着用は「外出5分前」がベスト

 首元を温めるマフラーは「巻き方」に注意だ。

「皮膚には冷たさを感じる“冷点”がありますが、これは全身でも首にとくに多く分布しているため、首全体を広く暖める必要があります。半分に折ったマフラーを首にかけ、輪っかの部分にマフラーを通す『ワンループ巻き』なら全体を暖められます」(石原医師)

 マフラーを巻くタイミングも重要だ。

「外出して首や顔が冷えると、心臓などの重要な臓器を守ろうとして血液が体の中心に集まり、末端の血流が滞るため手足が冷えます。家を出る5分前にマフラーや手袋をしておけば、外出しても血流の変化を防げます」(石原医師)

 ちなみに、フリース素材は風を通すのでマフラーには適さない。汗を吸い込んで放出する天然ウールや絹などが望ましいという。

関連記事

トピックス