• TOP
  • 芸能
  • 長澤まさみ&斎藤工、マグロ解体と飲み続けた9時間

芸能

2019.12.21 07:00  女性セブン

長澤まさみ&斎藤工、マグロ解体と飲み続けた9時間

朝の3時をまわっても、足取りは軽かった

《しゃぶしゃぶ食べ放題に飲み放題付きで2980円》。東京都下の商店街にある格安宴会プランがウリの居酒屋。

 朝の3時をまわっても何やら熱が冷めやらない様子で店を後にした集団は、そのまま路肩で話し始める。いつも通りの上下黒姿にベージュのストールを垂らしているのは斎藤工(38才)。大口を開けてケラケラと声を立てて笑っていたのはパンツスーツで会社員風の長澤まさみ(32才)だった。

「そのお店にいたのは夜9時からですから、なんと6時間ですよ! しかもそれだけじゃない。この日の飲み会スタートは夕方6時過ぎ。トータル9時間飲みっ放し。斎藤さんも長澤さんも“鬼強”です…」

 そう話すのは2021年公開の映画『シン・ウルトラマン』の関係者の1人だ。この日は映画の打ち上げだったという。

慣れないまぐろ解体に悪戦苦闘

「1次会は映画会社の撮影スタジオ内で行いました。たこ焼きやラーメンなどの屋台が並ぶお祭りムードで、しょっぱなから熱気がすごかったですよ。スタッフ含め100人ほどが参加していましたが、特に盛り上がったのは、本まぐろの解体ショー。長澤さん、西島秀俊さん(48才)、斎藤さんが刃渡り70cmはあろうかという包丁を握って、頭の切り落としに挑戦していました。

 最近すっかり料理上手の称号が板についた長澤さんは、果敢に攻めていましたが、まぐろの頭をなかなか切り落とせず悪戦苦闘していました。さすがに出刃包丁はハードルが高かったようですね」(別の映画関係者)

 1次会は2時間で終了。向かった先が件の居酒屋だった。

「西島さんはご家族が待っているということで1次会で帰りましたが、長澤さん、斎藤さんはノリノリで参加。飲むのもハイスピードでした。スタッフとのおしゃべりも止まらず、日付が変わってもテンションは上がる一方。それなのに翌日はケロリと仕事をこなすという人たちですから、やっぱりあの2人には脱帽ですね」(前出・映画関係者)

 ウルトラマンは地球上で3分間しか活動できないが、2人は、9時間活躍し続けていた。

※女性セブン2020年1月2・9日号

映画では「ウルトラマンになる男」を演じる斎藤工

関連記事

トピックス