• TOP
  • 芸能
  • がんの笠井信輔アナ、自分だけでなく家族のために闘う日々

芸能

2020.01.07 07:00  女性セブン

がんの笠井信輔アナ、自分だけでなく家族のために闘う日々

がんを明かした笠井アナ

「豪華な賞品が当たる抽選会などもあって、会場は大盛り上がりでした。ただ、彼を心配する声もあちこちで聞かれました」(参加者)

 昨年の12月20日、『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)の忘年会が開かれた。一年の労をねぎらう毎年恒例の宴には、MCの小倉智昭(72才)やコメンテーターの別所哲也(54才)らレギュラー陣も数多く参加。しかし、冒頭の参加者が語った“彼”の姿はなかった。前日に血液のがん「悪性リンパ腫」治療のため入院した笠井信輔アナウンサー(56才)だ。

 笠井アナは華やかな局アナ人生を歩んできた。1987年にフジテレビに入社すると『ナイスデイ』や『めざましテレビ』、『とくダネ!』などの情報番組を中心に活躍。趣味の映画鑑賞の知識を生かし、有名監督や俳優へのインタビューなども手がけてきた。昨年9月にフジテレビを退社し、フリーアナウンサーとして活躍の場を広げようとした矢先に病が発覚した。

「笠井さんは相当なショックを受けたといいます。その笠井さんを支えているのは、1990年に結婚したテレビ東京元アナウンサーの茅原ますみ(ちはらますみ)さんと、3人の息子さん。父を元気づけようと、連日、お見舞いに訪れているようです」(笠井アナの知人)

 笠井アナが闘病をきっかけに始めたブログからも、その様子を垣間見ることができる。

忘年会の会場を後にする小倉は、どこか心配そうな表情だった

関連記事

トピックス