国際情報

ヘンリー夫妻だけじゃない 英王室史に残るお騒がせ王族たち

エリザベス女王は2人の希望を「全面的に支持する」と声明を出した(AFP=時事)

 英国のみならず、世界中を驚かせたヘンリー英王子とメーガン妃の高位王族「引退」宣言。メーガン妃をめぐっては、エリザベス女王やキャサリン妃との関係など、さまざまな話題が報じられてきた。さらに英王室の歴史を紐解くと、ヘンリー夫妻以上のお騒がせエピソードが満載である。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 最近の英国は話題に事欠かない。ブレグジット問題が一山越えたかと思えば、今度は王室から騒動が持ち上がった。発火点はチャールズ王太子(*注)の次男ヘンリー王子とメーガン妃である。

【*筆者注:チャールズ王太子/日本では「チャールズ皇太子」と報じられるのがお決まりと化しているが、皇帝の世継ぎではなく国王の世継ぎなのだから、やはり正確を期して、「王太子」とすべきであろう】

 そのヘンリー夫妻が、去る1月10日、「高位王族」の役割から退き、経済的な自立に向けた取り組みを始め、今後は一年の半分をカナダで過ごすといったことを意思表明した。女王エリザベス2世やチャールズ王太子の承諾を得ずに発表したために、王室内はもちろん、英国中が大騒ぎとなった。

「高位王族」とは、王位継承順位が上位で、様々な特権を享受しながら義務にも縛られる存在のこと。ヘンリーの王位継承順位はチャールズ王太子、兄のウィリアム王子、ウィリアムの長男ジョージ、同長女シャーロット、同次男ルイに次いで6番目となる。

 つまり、ヘンリーに英国の王位が巡ってくる可能性は極めて低い。モチベーションを維持する材料がない現状では、ヘンリー夫妻が思い切った発表に踏み切った気持ちもわからないではない。

 もはや、英国王室メンバーの結婚や恋愛にまつわる騒動は英国民の日常と化している。エリザベス2世の代に限っても、妹のマーガレット王女、長男チャールズ、長女アンがそれぞれ話題になった。

 だが、歴史をさかのぼれば、英国王室にはその恋愛や結婚が世情を騒がし、国の行く末までを左右した王族がたくさんいる。ここでは代表的な2人を紹介したい。

 一人はエリザベス2世の伯父で、二代前の国王であったエドワード8世(1894-1972)である。日本のワイドショーでヘンリー王子夫妻の引退が報じられる際も、「王冠をかけた恋」として何度も登場したので、知っている方も多いだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン