ライフ

胸部レントゲン検査 肺がんの見落としが発生する理由

せっかく撮影したのに、なぜ見落とされてしまうのか

 日本人の死因1位であるがん。健康寿命に関わる重大疾患だけに、健康診断ではがんに関わる項目が多い。

 だが「異常なし」と診断されても過信は禁物だ。実際に日本人男性の部位別がん死亡数第1位の肺がんにおいて、「胸部X線検査(レントゲン)」で異常が見つからなかったのに、その後、がんで患者が死亡した事例がある。

 2018年1月、東京・杉並区にあるクリニックが、区から受託した区民健康診断の肺がん検診として、40代女性の胸部X線検査を行なった。検査画像には腫瘤の影が写っていたが、担当医師2人は「異常なし」と診断した。

 しかし受診から約3か月後、女性は呼吸困難や手足のしびれを訴えて、同年6月に死亡した。

 問題が明るみに出るとクリニックは、2014~2017年の肺がん検診で「異常なし」と診断された約9400人分の検査画像を再検証した。その結果、70代の男性2人が肺がんと診断されそのうちのひとりが、杉並区在住のAさんだ。

 Aさんは2017年8月にクリニックで胸部X線検査を受けた際、画像診断で「異常なし」と診断されていたが、女性の死をきっかけに1年後に受けた再検査では「ステージIIIの肺がん」を言い渡された。

 ショックを受けたAさんはクリニックを運営する社会医療法人と杉並区に損害賠償を求める訴訟を起こした(2019年8月に区が謝罪するなどして和解)。Aさんの代理人を務めた梶浦明裕弁護士が指摘する。

「2017年の検診画像には明らかに異常を疑うべき影が写っていました。仮に最初の検査で肺がんが見つかっていれば、AさんはステージI程度ではなかったかと考えられます」

 Aさんは現在、別の病院に通い抗がん剤治療を続けている。

「当時Aさんは『かかりつけ医としてクリニックを信頼していたのに』と、非常に落胆していた。治療のためアルバイトもやめざるをえない状況で、経済的にも苦しんでいた」(梶浦氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン