ライフ

【著者に訊け】石井公二氏 落ちていた5000枚の片手袋の研究

石井公二氏が『片手袋研究入門』を語る

【著者に訊け】石井公二氏/『片手袋研究入門 小さな落としものから読み解く都市と人』/実業之日本社/2400円+税

 単なるゴミのようでも、異界の入口のようでもある、その名もなき存在を、〈片手袋=寒い時期なんかによく町に落ちている片方だけの手袋〉と定義することから、石井公二氏は初著書『片手袋研究入門』を始めている。〈都市に取り残された小さき者たち〉〈私はそれを見過ごすことができなかった〉

「ちょうどカメラ付き携帯電話が出始めた2004年頃です。コンビニに向かう途中、ふと外に落ちていた片方だけの〈黄色い軍手〉にカメラを向けた僕は、撮るに値する対象とついに出会えたような衝撃を覚えたのです。しかもその直後、今度は白い軍手が落ちていたんです。あの点が線になる感覚と〈駄目押しのような多幸感〉に、人生を狂わされたようなものです(笑い)」

 本書は以来、5000枚の片手袋を撮影した氏の15年に亘る研究成果をまとめたもの。写真や図を多用したフルカラーの丁寧な作りやシャレの利いた解説文等、本の端々から好きが溢れ、読んでいるこちらまで愉快になれる1冊だ。それこそ〈Gloveには“love”が入ってるんだぜ〉とあるように、愛や多幸感は伝染する?

 幼い頃、ウクライナ民話『てぶくろ』に魅せられ、卒論のテーマは路上観察の開祖・赤瀬川原平氏の作家論と、素養も方法論も整い過ぎるほど整っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト