ライフ

【著者に訊け】石井公二氏 落ちていた5000枚の片手袋の研究

◆無駄なものなどこの世にはない

 そんな石井氏の周囲に参集した〈街角狸〉マニアやゴムホース愛好家といった同業他社(?)が見ている景色は、視点次第で違った。

「要は僕の片手袋の写真を、マンホール目線で見る人もいれば鉄塔目線で見る人もいて、一つの空間に多様な視線や位相が並行的に共存するのも、路上の面白さであり包容力だと思うんです。

 しかも昔は友達に見せる程度だったのが、今はカメラ自体が通信機能を持ち、各々が捉えた世界を国際的に共有することもできる。そもそも片手袋自体、誰が落としたか分からない匿名性の文化ですから、片手袋研究家である僕の名前すら知らなくても、『#片手袋』で誰もが写真投稿できる今のフラットな開放空間こそ、本来という感じもします」

 その落とし物が誰のものでもない路上に落ちているからこそ、素敵なのだと。

「厳密には道にも手袋にも持主はいます。ですが権利がどうのコンプライアンスがどうのと何かと煩い昨今、ギリギリ誰のものでもない余白があるとしたら、僕は路上の片手袋だと思うんですね。都会の行間、またはエアポケットと言ってもいい。特に今の東京みたいに規則や利害関係でがんじがらめの街にまだ誰の手も及ばない境界があるというだけで、何だかホッとします。

 たぶんSNSで毎日のように炎上騒ぎが起きるのも、みんな互いの背景が見えすぎて、違いばかり探してるから。その違いを片手袋の匿名性は軽く超えていける部分があって、他人だから拾ってあげられるとか優しくなれるとか、心の余裕をギリギリ繋ぎとめる媒体として、僕は片手袋を見ているのかもしれません」

関連キーワード

関連記事

トピックス