• TOP
  • ライフ
  • 大根、れんこん、ごぼう 根菜料理の使いこなしテクニック

ライフ

2020.01.26 16:00  女性セブン

大根、れんこん、ごぼう 根菜料理の使いこなしテクニック

口当たりのいい薄切りれんこんで肉だねをサンドするれんこんのシューマイ

 和風のおかずに料理しがちな根菜は、実は、洋風やエスニック風にも使える懐の深い野菜。安くておいしい冬の季節だからこそ、いろいろ試して新しい味を見つけたいところ。そこで、料理研究家・小林まさみさん監修のもと、大根、れんこん、ごぼうの3つの根菜を上手に使うテクニックを紹介する。

【教えてくれたのは…】
小林まさみさん/「キユーピー3分クッキング」「きょうの料理」などのテレビ番組をはじめ、雑誌や書籍でもおなじみの料理研究家。家庭料理はおまかせ!

◆大根の使いこなしテクニック

大根とかにのクリームグラタン

【下ゆでは不要。レンジにかけるだけ】
 クセのない冬の大根は、レンジでやわらかくするだけで十分に食べやすく、味もしみこみやすい。

【塩でしんなりさせ、包みやすく】
 薄く切っただけでは肉だねを包むときに折れてしまうので、包みやすいように塩をふってしん

【煮物は皮を厚めにむいて】
 皮の近くは筋っぽく、長く煮てもやわらかくなりにくいので、厚めにむくとよい。

◆れんこんの使いこなしテクニック

【水にさらし、しっかり水きり】
 切ったら水にさらし、アクによる変色を防止。使う前にペーパータオルで水けをふく。

【4つ割りにすると乱切りがキレイに】
 縦に4つ割りにしてから、包丁を左斜め、右斜めと順に入れると、形がそろった乱切りができ

【ごく薄切りは、スライサーを使って】
 薄く切るなら包丁よりもスライサーがお勧め。薄切りにして成形すれば、厚みのわりに軽やかな歯ごたえに。

【たたき割って味をからみやすく】
 たたき割ると断面に凹凸ができ、味がからみやすくなる。ラップをかぶせてたたくと、飛び散りにくい。

【水けはしぼりすぎないで】
 すりおろしたれんこんは、水けをギュッとしぼるとまとまりにくく、パサつくので、しっとり感が残る程度にしておく。

関連記事

トピックス