• TOP
  • 国内
  • 小泉進次郎氏発言“セクシー”の正式翻訳、閣議決定の不思議

国内

2020.01.28 16:00  週刊ポスト

小泉進次郎氏発言“セクシー”の正式翻訳、閣議決定の不思議

国連本部で開かれた都市の脱炭素化に関するイベントで演説する小泉進次郎環境相(時事通信フォト)

「答弁書の文言を作成するのは官邸や内閣府の事務方ですが、内容に応じて所管省庁が下書きをするのでしょう。その文案を考える場合、当然、安倍総理のお考えはどうかということを考え、推察し、忖度してつくる。

 総理の考えに沿った内容でなければ、閣議決定できないからです。最近の質問主意書への回答には妙なものがあると思われるかもしれないが、それは、とどのつまりは安倍総理のお考えなのだということです。

 ただし、小泉環境相のセクシー発言のような大臣自身の考えについては役人にもわからない。本来は大臣が会見や国会で答えるべきだが、小泉さんがはぐらかしたために質問主意書が出された。役人も困って苦し紛れに辞書を引いたのでしょう」

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事

トピックス