スポーツ

正代、巨人ファンも虜に 「ネガティブじゃない」サイン対応

サイン攻めに遭う正代だが…

 令和初の大相撲初場所は両横綱不在も平幕2人が“下克上”の優勝争いで盛り上げた。初優勝を飾った徳勝龍(33才)は幕尻からの快進撃、優勝インタビューでも笑いあり涙ありの切り返しで国技館を沸かせた。その徳勝龍と優勝争いをしたのが前頭四枚目の正代(28才)。“ネガティブ力士”と言われる彼が、意外な一面を見せた。

「正代は高校3年で国体優勝、東京農大2年時に学生横綱になった実力者。努力家で将来の横綱候補と期待される力士。一方でたびたび話題になるのはその性格です。2015年の新十両会見で記者から対戦したい力士を聞かれ“できれば誰ともやりたくない”と答え、横にいた時津風親方から“バカじゃないの、お前。何をするにもマイナス思考だな”と呆れられたエピソードは有名です(笑い)。

 それが今場所では7連敗中の大関・貴景勝に勝った後の花道でガッツポーズにスキップしたり、“連勝を続けていきたい”とポジティブになりつつあるんです」(スポーツ紙記者)

 惜しくも優勝を逃した翌日、ファンに囲まれる正代をキャッチ。平日でも多くの利用客であふれる羽田空港でサイン攻めにあっていた。居合わせた相撲ファンの男性が語る。

「地元の熊本に帰るところだったのか、荷物を手に後輩らしき方と2人で出発ロビーに現れたんです。大きな身体で着物に髷ですから遠くからでも目立っていて、すぐに気づいて“正代さん!”と声をかけると野太い声で“あーっす(ありがとうございます)”と言って、自ら手を差し出して握手してくれたんです」

 正代がいると知るや周囲の人たちが駆け寄り、あっという間の人だかり。あまりの人の多さに驚きつつも手荷物を後輩に預けると、記念撮影や握手などひとりひとり丁寧に対応する。中にはサイン色紙とサインペンを持参している用意のいいファンも。

「実はその日、プロ野球の巨人の選手がキャンプインに向けて出発するので、熱心な巨人ファンが見送りに集まっていたんです。それで色紙を持っていた人が多かったようなんですけど、みんな正代のサインをもらってました(笑い)」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン