ライフ

大腸カメラ、PSA検査 受けたほうがいい年齢と頻度は?

必要な検査、不必要な検査は(写真/AFLO)

 男性の罹患者数第3位の大腸がん。40代後半になると、大腸がんの原因となる「ポリープ」の発症率がそれまでの約2倍に増えるという海外の研究結果がある。住吉内科・消化器内科クリニック院長の倉持章医師がこう話す。

「ポリープの大きさは5年、10年単位で倍になり、10mmを超えると10~20%の確率でポリープががん化する。小さいうちにモグラ叩きのように切除しておく必要があるので、40歳になったら大腸内視鏡(大腸カメラ)検査は必須です」

「大腸カメラ」では、まず2リットルほどの腸管洗浄液(下剤)を飲んだ後に、内視鏡を肛門から挿入する。80歳を過ぎると大量の下剤を飲むことが困難になるうえ、腸管洗浄液によって腸管破裂などの偶発症のリスクも高まる。

「80代を過ぎて肉体面でつらく感じたら、医師に相談してみてはどうでしょうか」(倉持医師)

 前立腺がんの発見に使用されるPSA検査は、血液検査のオプションとして2000円程度で受けられる検査だ。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師がいう。

「前立腺がんは“高齢者のがん”といわれ、50代以降、加齢とともに罹患率が高まります。50歳ごろから検査を受け始め、結果に応じて1~3年に一度受ければ大丈夫でしょう」

 仮にPSA検査で前立腺がんが見つかっても、高齢の場合、がんの進行以上に、切除手術による負担がリスクになる可能性が高い。

「70歳以降に前立腺がんが見つかっても、寿命に影響しないために切除せずに経過観察するというケースが多いので、PSA検査をやめるという考え方もあります」(谷本医師)

年齢別「受けるべき検査」「ムダな検査」

※週刊ポスト2020年2月14日号

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン