スポーツ

男子マラソン・井上大仁 母が語った「応援に行けない理由」

灼熱のジャカルタでアジア大会を制した際は、最後まで激闘だった(写真/AFP=時事)

 3月1日に開催される東京マラソンは、今夏の五輪代表争いの“天王山”となる。昨年の選考レースで一敗地にまみれ、その雪辱を期すとともに代表の「最後の1枠」を目指すのが、2018年アジア大会のマラソン王者・井上大仁(27。MHPS)だ。オリンピアンを目指す選手たちの苦悩を間近で見てきた関係者に話を聞いていくシリーズ「東京五輪へ──私が見たアスリートの素顔」。今回は、井上の競技人生の全てを見てきた母・康子さんの大一番を前にした複雑な胸中を、ノンフィクションライター・柳川悠二氏が聞いた。

 * * *
 東京五輪の男子マラソン代表を目指す井上大仁の母・康子さんは、昨年9月のMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)を長崎県諫早市の自宅で見守っていた。長男の大仁は、このレースで2位までに入れば、東京五輪代表が内定する。

 だが、息子の様子がおかしい。真っ先に気付いたのは、父・正文さんだった。「今日はダメだね」。スタートしてすぐ、そう囁いた。

「私はドキドキしながら見守っていましたが、主人は冷静だったみたい。マラソンの経験がない主人ですが、大仁が陸上を始めた中学の時からずっと走りを見てきましたから、フォームや醸し出す雰囲気に、何かを察したんだと思います」

 レースは序盤、設楽悠太(28。ホンダ)が後続を大きく離した単独走をみせる。2位集団につけていた井上は、中盤に入ってずるずると後退していき、ゴールを切ったタイムは2時間22分10秒──。完走した27人中、まさかの最下位だった。井上の競技人生で最下位を走ったことなど、初めてのことだった。

「ほとんど画面に映ることなく、レースが終わってしまった。本人も最初は『何がなんだかわからなかった』とコメントしていたようですし、結果が結果なだけに、自暴自棄になっているんじゃないかと私も心配になりました。東京五輪の出場権を争うMGCに関しては、何より2位以内に入ることが重要でした。だから、彼へのLINEにも、『MGCは4位もビリも、結果は一緒なんだから次また頑張ればいいじゃない』と励ましのメッセージを送りました」

 MGCにおいて、2018年アジア大会(ジャカルタ)の優勝者である井上は、2位で東京五輪が内定した服部勇馬(26。トヨタ自動車)、2時間5分50秒という日本記録保持者の大迫傑(28。ナイキ)、前日本記録保持者の設楽と共に「4強」の一角に位置づけられていた。だが、MGCを制したのはいわば“伏兵”の中村匠吾(27。富士通)で、2位に入った服部と共に代表に内定した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン