• TOP
  • ライフ
  • 日々の献立作り、パズルだと思えば悩まず簡単になるそのやり方

ライフ

2020.02.19 16:00  女性セブン

日々の献立作り、パズルだと思えば悩まず簡単になるそのやり方

味や調理道具の組み合わせで献立を考えると献立を「即決め」できる。写真は鶏胸肉とかぶのとろみ煮、水菜と豆腐のごまマヨサラダ、ふわふわかき玉汁

 料理よりも、洗い物よりも、洗濯や掃除よりも、実は地味に面倒くさいのが日々の献立決め。

「組み合わせを考えるのが苦手」「同じ料理ばかり作ってしまう…」という悩みを解決するには、ちょっとしたコツがある。簡単なルールさえ覚えれば、ムダなく家族も大満足のメニューが瞬時に完成する。

 料理研究家の石原洋子さんは、独自の「献立の方程式」にのっとって、毎日の献立をパパッと決めている。そのルールを教わった。

 石原さんは一汁二菜を基本に、「味」、「ボリューム」、「調理道具」がかぶらないように組み合わせる独自の方程式を考案。この法則を使うと献立を悩まず決められる。

「献立作り=パズルと思えば、実は簡単! まずは味を“こってり”と“あっさり”に分け、主菜と副菜の味がかぶらないように組み合わせます。さらに、それぞれの調理道具がかぶらないようにすると、同時進行でスムーズに作れますよ」(石原さん)

◆まずは献立の方程式を覚えよう
主菜と副菜の「味」「ボリューム」「調理道具」がかぶらないように組み合わせるのが石原さんの献立方程式。今回のメニューは、簡単に「味」と「調理道具」だけで実践!

【味】
あっさり…塩味や酸味が利いていて、淡白でさっぱりした味。
こってり…マヨネーズやにんにく、ごまなどを使い濃厚でコクがある味。

【ボリューム】
軽い…主菜なら魚介の料理。副菜なら野菜のみ、もしくは乾物などだしが出る食材をプラスした料理。
重い…主菜なら肉料理。副菜なら野菜に肉や魚介を合わせたもの、じゃがいもなど食べ応えがあるもの。

【調理道具】
フライパン

ボウル
電子レンジ
オーブントースター
魚焼きグリル

関連記事

トピックス