• TOP
  • ライフ
  • ブロッコリーの茎、つぼみと同じく栄養があり、甘みは強い

ライフ

2020.02.22 16:00  女性セブン

ブロッコリーの茎、つぼみと同じく栄養があり、甘みは強い

ブロッコリーの茎の切り方にもコツがある(撮影/下重修)

 冬から春先が旬のブロッコリーだが、茎も食べられるのに捨ててしまう人も多いのでは? そこで、ブロッコリーを丸ごとおいしく食べられる切り方、ゆで方を紹介する。

【教えてくれた人】
◆豊満美峰子さん/女子栄養大学大学院了。同短期大学部の食物栄養学科准教授。調理学を専門に教鞭をとる。

 私たちがよく食べているブロッコリーの頭の部分は、花のつぼみ。ビタミンAやCが豊富に含まれているが、実は茎にも栄養があり、甘みはつぼみより強い。

「茎はアスパラガスのような食感と風味でおいしいので、ぜひ食べていただきたいです。味にクセがなく、サラダや炒めもの、スープにもぴったりですよ」と豊満さん。

 ただし、茎は硬い部分があるため、下処理が必要。

「茎の皮や根元は、筋が入っていて硬いので切り落とします。下ゆでをする際も火が通りにくいので、つぼみよりも長めにゆでるのがポイントです」(豊満さん)

◆「つぼみ」大きさを揃えて火の通りを均等に

【1】ボウルにためた水で振り洗いする
 つぼみ部分はよく洗わないと小さな砂や虫、汚れがたまっていることもあるため、水の中でしっかりと振り洗いする。虫がついている場合は、20分程度水につけてから振り洗いするとよい。

【2】葉を取り除く
 茎に残っている葉はあらかじめ切り落としておく。

【3】つぼみを小房に分ける
 外側のつぼみから順に、房の根元が枝分かれしている部分に包丁を入れて切り分ける。

【4】大きさを揃える
 大きな房は根元から半分に切り、ほかのつぼみと大きさが等しくなるよう切り揃える。サイズは、料理に合わせて食べやすい大きさにする。

関連記事

トピックス