国内

新型肺炎に解熱剤がダメな理由、食べるべきはサムゲタン

体調が悪化した場合、自宅にあるかぜ薬などはむやみに飲まない方がいい(Ph:Getty Images)

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。すでに「水際対策」ではなく「蔓延期」──2月21日、日本感染症学会などが使った言葉が、事態の深刻さを物語っている。もはや感染拡大は前提といえる。あなた自身が、あるいは家族が発熱し、感染が疑われる場合、どう対処すればいいのか。大事なのは、重症化を避けること。そのために絶対にやってはいけないことがある。

 秋津医院院長の秋津壽男さんは「いまは熱が出ても解熱剤はのむべきではない」と指摘する。

「体が熱を発しているのは、体内で免疫が異物であるウイルスと闘っているからです。現在までのところ新型コロナウイルス感染による症状の6~7割は軽症で済むことが多く、自分の体力で打ち勝てる敵です。熱やだるさは体が“私に任せておいて”と伝えている信号なのに、それを無視して解熱剤を使って熱を下げてしまうと、体内の免疫力もダウンさせてしまい、その結果、重症化のきっかけを与えてしまいます」

 解熱作用のあるロキソニンやボルタレンなどの鎮痛剤も、同様に体の症状を無理やり抑え込むため、服用すべきではないと秋津さんは続ける。

 最も大きな問題は、こうした薬で本当の症状を隠してしまうことだ。新型コロナウイルスが疑われる条件の1つに「37.5℃以上の発熱が4日以上続く」とある。解熱剤で強制的に下げて外出することは危険極まりない。

 実際に、感染が疑われる中国人観光客が解熱剤を使って空港の「体温監視」をくぐり抜けたことが、感染拡大を招いたという指摘もある。

「新型コロナウイルスに感染しているなら、解熱剤や鎮痛剤で熱を下げても、ただのごまかしに過ぎません。他人にうつすリスクはもちろん、重症化を引き起こせば、取り返しのつかないことになるかもしれない。いまは発熱したら、とにかく様子を見ることです」(前出・秋津さん)

 ウイルス対策にと、抗生物質をのむことも大きな誤りだという。

「過去にかぜなどで処方された抗生物質が自宅に残っていたからと、のむ人もいるかもしれません。抗生物質とは菌に効く薬で、ウイルスには効果がない。しかも無駄に抗生物質をのむと体内に耐性菌ができてしまい、実際に細菌に感染したときに抗生物質が効かなくなります」(前出・秋津さん)

 体調不良になると栄養ドリンクをグビグビのみ干す人がいるが、これも逆効果になりかねないという。

「しっかりと休息をとって栄養補給の一環として摂取するならいいですが、仕事の合間などに発熱や倦怠感を抑えるためにのんでもそれはごまかしているだけなので、効果はありません。むしろ疲労が蓄積して免疫力が低下し、重症化しやすくなります」(前出・秋津さん)

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン