国内

41歳元保育士男性が語る「罰ゲームのような人生」の要因

男性保育士には「遊んでくれるお兄さん」という役割もある

男性保育士には「遊んでくれるお兄さん」という役割もある

 内藤さんは心優しい人である。しかし、とかく見た目で人を判断する世間のルッキズムの最底辺にあり、女性ウケは最悪だ。本人が書けと言うのでこうして書くが、内藤さんのルッキズムによる理不尽な差別に対する怨みは深い。そのために職まで失ったのだ。

「子どもに手を出したという濡れ衣です。保護者からの抗議は一方的でひどいものでした。いまで言うモンペですね。もちろん僕は何もしてません。でも、同僚の保育士も助けてくれませんでした。僕は辞めるしかなかった」

◆面白い男性保育士として子どもたちからは人気者

 かつて内藤さんは保育士をしていた。昔の名称だと保父さんか。高橋留美子『めぞん一刻』の主人公、五代くんが選んだ仕事でもある。だがいわゆるモンペ、モンスターペアレンツと呼ばれる、問題のある親による一方的な言いがかりで仕事を失うことになった。一生涯を捧げられる仕事だと思って資格をとり、働いていたにも関わらず。

「子どもが好きなのと就職氷河期だったので、手堅い仕事ということで保育士の道を選びました。男性保育士の需要が高まるという話も当時は盛んに言われてましたし」

 いまでは考えられない話だが1990年代、保育士や福祉士は将来的に需要が伸びる人気資格とされ、大学や専門学校、学部が次々と新設された。内藤さんは中堅公立校から保育の専門学校に進学、就職はルックスで不利なため大変だったそうだが面白キャラで乗り切ったという。容姿が重要なんて、なんだか芸人みたいだ。

「資格を持っていても、採用されるかどうかは別です。保育園って容姿も結構重要なんです。子どもはイケメンと美人が好きですから、若くてイケメンだったり美人だったりする保育士が優先採用です。とくに美人。もっとも、普通の容姿なら大丈夫ですけど。むしろ普通の何のキャラも立ってない人のほうがいいくらい、それで爽やかなら完璧」

 経験者採用だとまた違ってくるそうだが、新卒はそんなものらしい。もっとも、美麗な人が新卒時に有利なのはどの業界も一緒だろうが。

「あとは面白い人ですね。変な顔したユーチューバーが子どもに人気なように、子どもは面白い人も好きです。僕はそっちで押し通しました。ただ、イケメンだろうと面白かろうと、保育の世界は男の地位が低い。若い男性保育士は男芸者をするしかないのもあるんです」

 保育の世界は徹底した女社会である。これは保育側がというより保護者の側の問題が大きいが、子どもを預けるのに安心なのは女性、という固定観念はなかなか覆し難い。本来、子育てに男も女もないのだが。

「男性保育士の地位が低いといっても、女性保育士にはない、“遊んでくれるお兄さん”という需要もあります。力仕事も多いですから、重宝されることも多いです。でもね、ブサイクな男は違います」

 内藤さんはオタクでもあるので子どもの興味ある児童向けアニメやゲームにも詳しく、それも生かされた。ところが歳を重ねるにつれ、園から自分が疎まれていると感じたという。

「若いころは“ブサイクなお兄ちゃん”で済んでも“キモいおじさん”に昇格すると全人格を否定されてしまいます。面白キャラで努力してきたのですが、若ハゲが進行しておじさんになれば何の意味もありません」

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン