二人が出会った1年後、互いの句に、エッセイと写真をからめて『カキフライが無いなら来なかった』にまとめた。せきしろは何人もの編集者に企画の売り込みを続けたという。

「自分で誘ったので、僕が何とかしないとな、と。ずいぶん、いろいろなところで断られましたね」

 又吉はこう感謝する。

「これが僕にとって最初の本。これによって、こいつはエッセイとかも書けるんだって思ってもらえて、活字の仕事が増えてきた。この本がなかったら、まだ、一冊も本を出してなかったかもしれない。自由律は僕にとって、基礎トレーニングみたいなものでしたね」

 タイトルは、せきしろが二人の句の中から選んでいる。第1弾のタイトルは、又吉がせきしろに初めて送った約100句の中に入っていた句でもあった。せきしろが感慨深げに話す。

「これまでずっと一人でやってきたので、この句を見つけたとき、ようやく仲間を見つけたような気分になりましたね」

 第1弾が好評を博したことで、翌年、第2弾となる『まさかジープで来るとは』を出す。そこへいくと、第3弾は約10年ぶりの刊行だ。この間に心境に変化が表れていると又吉は自己分析する。

「俳句をやり始めたのが28歳のときで、もうすぐ40歳になる。僕にとって、この十何年は大きいですね。最初の頃、せきしろさんに『大丈夫だから、死ぬなよ』って励まされてたんです。それくらい悲壮感が漂っていたみたいです。でもいま、当時のせきしろさんくらいの年齢になって、後輩を見てると、こういう感覚やったんやなというのがわかるようになった」

 第1弾から第3弾まで、タイトルにすべて「来」の字が入っているのは、ほんの遊び心だ。せきしろが明かす。

「1冊目と2冊目は偶然です。3冊目はちょっと寄せてみました」

 いずれも掲載する句を選ぶときは3分の1くらいに減らすという。溜まったボツ作品は優に1000を超える。せきしろが、採用か不採用を決める基準は「直観」だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン