• TOP
  • 芸能
  • Matt 類いまれなセルフプロデュース力でますます飛躍か

芸能

2020.03.31 16:00  NEWSポストセブン

Matt 類いまれなセルフプロデュース力でますます飛躍か

ヒョウ柄ジャケットが似合うMatt

 181センチの長身にスラリと長い足、抜群のスタイルにヒョウ柄ジャケットとカラフルなカチューシャをつけたまま颯爽とロケバスに乗り込んだのは、この1年で大人気タレントに上り詰めたMatt(25才)だ。3月12日に都内で行われた映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の公開直前イベントに、主人公ハーレイ・クイン流の“悪カワメイク”で参加した。

 そもそもMattは、2015年にアメリカ留学中に、ハロウィンの仮装でハーレイ・クインの恋人のダークヒーロー「ジョーカー」のメイク姿をツイッターにアップしたことで、テレビ局に取材をされたのがタレントデビューのきっかけだった。3年前からは、元プロ野球投手の桑田真澄(51才)の息子と明かして、バラエティー番組に出演し始めた。あるテレビ番組ディレクターは「おしろいを塗ったような顔面真っ白のメイクは、イロモノ扱いされるわけでもなくむしろ女性人気を獲得していって、オシャレなモデルとなっていったんです」と解説する。

 実際に、昨年には「ベストコスメティックス・アワード2019」で、「最もニュースな美容人2019」に選ばれた。多くのタレントが“Matt化”(Matt流メイク)できる写真アプリを使って、SNSにツーショットをアップするなど、人気者に。父とは一緒にソフトバンク「ワイモバイル」のCMに出演するなど、瞬く間に国民的知名度を誇るようになった。

 ただし、Mattの才能は美容にとどまらない。意外と奥が深いところが、引っ張りだこの理由だという。ある芸能プロダクションの幹部が語る。

「Matt君が、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で、天童よしみさん(65才)のピアノ伴奏で出演したことには、視聴者の皆さんも驚いたでしょう。彼は、もちろん父親譲りで野球も上手。今後は幼少時から習ってきたピアノやバイオリンも生かしての音楽活動に比重を置いていく意向も持っています。マルチな才能の持ち主なんです」

 それらのイメージ戦略やキャラクター構築も、全て自己プロデュースで行っているという。ワイドショーのベテランリポーターが語る。

「3月初めに週刊文春で報じられたスキャンダルに対し、いち早く動きを見せたのは、リスクヘッジができている証拠です。デビュー前にMattに音楽指導をしたという女性が、自分と父に民事訴訟を起こすという記事が文春に出ると知ると、発売前日に公式ブログに釈明文をアップしました。家族経営の個人プロダクションなのに大手芸能事務所のような早業。頭もキレる証拠です」

 単なる二世タレント、ブームに乗ったレアキャラでは終わらない引き出しの多さ──その類いまれなセルフプロデュース力でますます飛躍しそうだ。

メイクはいつも通り真っ白、Tシャツから靴まで、白

独自のオーラを放つ長身イケメン

その“美”しく“白”いボディは、ジャケットを脱ぐ瞬間も注目を集めていた

関連記事

トピックス