芸能

『警視庁捜査一課長』 新シリーズの見どころは「芋おはぎ」

『警視庁捜査一課長』の最新作では“芋おはぎ”が活躍(公式HPより)

 俳優・内藤剛志(64才)がノンキャリアの捜査一課長を演じるドラマシリーズ『警視庁捜査一課長』の最新作となる『警視庁捜査一課長2020』が4月9日にスタートする(テレビ朝日系、毎週木曜20時~)。

 花形部署といわれる警視庁捜査一課で、ノンキャリアのヒラ刑事からのし上がり、400人以上の部下を統率する捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が鮮やかに、着実に事件を解決していく──。

 2012年に『土曜ワイド劇場』で放送された2時間ドラマとしてスタートした本作。2016年から連続ドラマとなり、今回はシーズン4となる。

 気になる第1話のあらすじは以下の通り。都内で見つかったのは、エイプリルフールのためフェイクニュースを取材していた新聞記者の遺体。大岩は新人刑事・妹尾萩(三吉彩花・23)らと捜査を開始するが…。

 今作のゼネラルプロデューサーである関拓也さんは、作品の見所について、こう話す。

「“ヒラから成り上がった最強の刑事”大岩捜査一課長が、2018年以来2年ぶりに“毎週必ずホシを挙げる!”ために帰ってきます。

 これまで“大福”“最中”“チョコ”“ババロア”“羊羹”“和菓子”“餡子”と個性豊かな女性刑事が登場しましたが、今シリーズの初回では、若い世代に大人気の女優・三吉彩花さん演じる“芋おはぎ”の異名を持つ新人刑事が大活躍。あっと驚く仕掛けも満載です。謎解きのおもしろさはもちろん、視聴者のかたに元気になっていただけるような作品をお届けしますので、ご期待ください」

※女性セブン2020年4月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト