国内

コロナ感染者告白する意外な“危険地帯”「回数券のせいで…」

ネイルサロンは女性客が増えているという(Ph:Getty Images)

 40.6%──この数字がいまの日本の状況を示している。新型コロナウイルス感染者のうち、感染経路が特定されていない人の割合である(厚労省発表、4月1日までの状況)。すでに、感染者5人のうち2人の感染経路がわかっていないのだ。

「実際、自分もどこでどう感染したのか、はっきりしないんです」と語るのは、都内で飲食店を営む男性Aさん(48才)。

 3月上旬に39℃の熱が出て体調が悪化し、近所のクリニックや総合病院など3つの病院を転々としたのち、レントゲンで肺に影が見つかった。その後、PCR検査で陽性が判明。都内の感染症指定の総合病院に入院後は人工呼吸器をつけるほどの危険な容体だった。

「2月下旬までは感染者数が少なかったこともあり、発症前は不特定多数の人と外食を繰り返していました。感染発覚後に保健所の聞き取り調査がありましたが、感染経路は特定できなかった。ただ、いまにして思えば、“あそこに行かなければよかった”と後悔する場所がかなりあります」

 そう語るAさんは幸いにして病状が回復したが、Aさんが入院した病院では3月下旬、志村けんさん(享年70)が亡くなった。それを考えると身の縮む思いでいる。Aさんが続ける。

「外食先も感染源の1つだと思っていますが、怪しんでいるのはスーパーやコンビニです。職業柄、買い出しによく行くんですが、店内にあるカゴやカートって不特定多数の人が触るじゃないですか。そこからの感染だと思っています。というのも、私は花粉症で、がまんできずにカゴなどを触ったその手で直接、目をかいたことがあったと思うんです」

 飲食店を営むAさんはもう1つ、気にかかったことがあるという。

「営業中に運んでいたビール瓶やワインボトルなどのドリンク類や、食材が入った段ボールやパックなどが気になりました。あれだって、多くの人の手に触れて運ばれてくるわけですよね。

 普段の生活では特に、口をつけて飲むペットボトルや缶コーヒーの飲み口は要注意のような気がします。そこまでわざわざ拭いている人って、めったにいませんよね」

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン