芸能

岡江久美子さんコロナで死去、はなまる後の日々と母の介護

母の介護について語る岡江久美子

 女優の岡江久美子さんが4月23日朝、新型コロナウイルスによる肺炎のため、亡くなったことがわかった。享年63。岡江さんは4月3日に発熱し、容態が悪化して都内の病院に入院。ICUで治療を受けていた。『はなまるマーケット』で長年MCを務めた彼女に、女性セブンは昨年、“はなまる後”の生活について話を聞いていた。ここに再掲載する──。

 * * *
 50才を過ぎると10人に1人以上が親の介護問題に直面する。しかし、多くの人が何の心構えもないままの状態で介護が始まってしまうという現実がある。だからこそ“先輩”の経験談は重要だ。94才の母親を看取った彼女は、どんな介護生活を送って来たのだろうか。

「母が亡くなったのは2018年のことです。94才でした。家族としては『大往生』なんて言葉はあまり使いたくないんですけど、本当にその通りでしたね。すぐ近くの施設に預けさせてもらっていたので、そろそろという状態で電話がかかってきて、急いで駆けつけました。私が着いたら、もう、すぐに…。顔も穏やかで、温かかった」

 記者の問いかけに、岡江久美子はゆっくりと語り始めた。肌は白くてツヤツヤで、豊かな黒髪が光り、とても“オーバー60”には見えない。なんといっても目立つのは、明るく晴れやかな表情だ。

「岡江さんは今、趣味のゴルフを頻繁に楽しんだり、ドラマのオファーを積極的に受けたりと、私生活も仕事もとても充実しているようです。おそらく人生の大事なイベントをいろいろ終えたからでしょうね」(芸能関係者)

 2014年3月に薬丸裕英とのコンビで17年間にわたって続けてきた、朝の人気情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)が終了。それからの5年あまりを、岡江はどんなふうに過ごしてきたのだろうか。

「『はなまる』の終了は、岡江さんからの降板希望が発端でした。番組としては“岡江さんと薬丸さんが揃っての『はなまる』だったので、片方が降板するなら続ける意味がない”ということで、そのまま終了することになった。当時、岡江さんは90才になるお母さまの介護を抱えていて、“もっと母の側にいてあげたい”というのが理由でした。お父さまはその10年ほど前に亡くなっていて、以来、岡江さんはひとり暮らしになったお母さまのお世話を続けていたそうです」(別の芸能関係者)

 岡江の知人は当時のことをこう話す。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン