• TOP
  • 芸能
  • B’zの稲葉浩志が散歩する「モフモフな高級犬」の秘密

芸能

2020.04.30 16:00  NEWSポストセブン

B’zの稲葉浩志が散歩する「モフモフな高級犬」の秘密

“モフモフ”な犬を連れて現れた稲葉

 4月中旬。東京都内の高級住宅街に、犬の散歩で現れたのはロックバンドB’z の稲葉浩志(55才)だ。黒のパーカーにパンツ、肩にかけたバッグ、スニーカーにサングラスも全身黒づくめ。マスクだけレアなミリタリーグリーンという超クールなスタイル。赤黒のグローブで2本のリードを握る姿が、ロックミュージシャンのオーラを醸し出している。稲葉の2匹と、背後に続く夫人とおぼしき女性も1匹、計3匹を引き連れて、春の陽光の下を気持ちよさそうに歩いていた。

 今年の稲葉は、米国人ギタリストのスティーヴィー・サラス(55才)と、2枚目のアルバム『Maximum Huavo』を4月15日に発売して、27日からは3年ぶり3度目のツアーを開催する予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4月3日にツアー全公演の延期を決定した。

 そうした中、愛犬の散歩は、数少ないリフレッシュできる時間なのだろう。ファンの間では稲葉の犬好きは有名だ。40代の熱心な女性ファンが語る。

「2018年のライブでは、アンコールで着ていた衣装が、遠目にはサイケデリックな花柄かと思ったら、愛犬の顔がたくさんプリントされていたんです。当時は、ライブ帰りのファンの間でも話題になっていました」

 そんな稲葉が引き連れているモフモフした犬は、「オーストラリアン・ラブラドゥードル」という、非常に珍しい犬種だ。

 ラブラドール・レトリーバーやプードル、アイリッシュ・ウォーター・スパニエルなど全6犬種を先祖に持つとされる犬種で、「日本オーストラリアン・ラブラドゥードル協会」が設立され、認定ブリーダーのみが交配できるとされている。都内の高級ペットショップ店員は「アレルギーを持つ飼い主にもやさしい“アレルギーフレンドリー”を目指して交配された犬種で、においや抜け毛の少ないという特性を持っていて、盲導犬やセラピー犬として飼われることも多くあります。可愛らしいルックスに加えて穏やかで賢い性格が高い評価を受けている高級犬です」と解説する。

 ちなみに、「実は木村拓哉さんも、この犬種が好きで飼っています。稲葉さん夫婦、木村さん夫婦が愛犬と一緒に“Wデート”していた」(芸能関係者)こともあるという。

 公私共に親交がある2人は、“犬友”でもあった。

レアな犬種だという

春の陽射しの中、ワンコたちもご機嫌そう

関連記事

トピックス