• TOP
  • ライフ
  • 【著者に聞け】松原始氏 鳥エッセイ集『カラスは飼えるか』

ライフ

2020.05.17 16:00  週刊ポスト

【著者に聞け】松原始氏 鳥エッセイ集『カラスは飼えるか』

松原始氏が『カラスは飼えるか』を語る

【著者に聞け】松原始氏/『カラスは飼えるか』/新潮社/1400円+税

 そういえば飲食店が軒並み休業に追い込まれる今、都会のカラスは一体どこでどうしているのだろう?

「たぶん大変だと思います。私も非常に見たいのですが、朝方にうろつくと職質されますし、そもそも“不要不急”案件ですよね(苦笑)」(松原氏、以下同)

 2012年の話題作『カラスの教科書』以来、〈カラス先生〉としてお馴染の鳥類学者・松原始氏。最新刊『カラスは飼えるか』の書名は、ウェブでの連載中に最も反響が大きかったテーマに由来するものの、〈飼えない。以上。〉と早々に宣言。その上で、より深遠な鳥&カラス愛の世界に読者を誘う、鳥と人を巡る何ともお茶目なエッセイ集なのだ。

 松原氏は大真面目に書く。〈物理的に可能かどうかだけでなく、法的に、倫理的に、その動物を手元に置くことは許されるか〉〈動物と人間の関わり方をも、「飼う」というワードは問いかける〉と。

「実は日本ほど都会に普通にカラスがいる国も珍しく、身近な分、イメージが一人歩きしていると感じます。黒くて不吉な鳥だと勝手に毛嫌いされたり、かと思えば可愛がられたり。当のカラスは何も変わらないのに不思議ですよね」

 野生動物ならなおのこと、慎重さが求められる「飼う」という行為。だが、実際は人間の都合ばかりが優先される中、注目は著者のスタンスだ。

関連記事

トピックス