• TOP
  • 芸能
  • 悪役演じる結城モエ「どこか共感できるように演じたい」

芸能

2020.05.17 07:00  週刊ポスト

悪役演じる結城モエ「どこか共感できるように演じたい」

慶應大学在学中にスカウトされて芸能界入りした結城モエ

 新ドラマやCMで大注目のNEXTブレイク確実な新星美女の素顔に超接近。ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』で、主演の新川優愛と同じ出版社で働く後輩・中村結役で出演している結城モエ(25)だ。

「嫉妬深くて悪いことにも手を出してしまう役なんですが、やっぱりどこか共感できる部分を感じさせながら演じたいなって。現場は和やかで、共演している同世代の方に自分から積極的に話しかけています。結構おしゃべり好きなんです」

 慶応大学在学中に出場したミスコンでスカウトされて芸能界入り。演技だけでなくピアノや作曲が得意で、絶対音感を持つまさに才色兼備な若手女優だ。

「子供の頃からニュースに関心があって、学生時代には毎年夏休みにボランティアでネパールへ行っていました。自分の知らない話を聞くのが好きですね。このお仕事は様々な方と出会えるので、本当に楽しいです」

◆『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(日本テレビ系)木曜23時59分~
 登場人物全員が“裏切り者”というドロドロしたラブサスペンス。女性ファッション誌編集者の主人公(新川)が、夫(小池徹平)の裏切りに気付いたことで次々と裏切りが連鎖していく。

登場人物全員が「裏切り者」という『ギルティ』

【プロフィール】ゆうき・もえ/1994年生まれ、福岡県出身。165cm。今年放送のBS時代劇『明治開化 新十郎探偵帖』(NHK BSプレミアム)への出演も控えている。

取材・文■高倉文紀

※週刊ポスト2020年5月22・29日号

関連記事

トピックス