芸能

木村拓哉SNS開始で話題 「木村家モザイクの向こう側」は何か

注目を集めたSNSの木村家”モザイク写真”(時事通信フォト)

 ソファでくつろぐ木村拓哉(47才)を中央に、左に亀梨和也(34才)、右に山下智久(35才)が寄り添う。

 そんな写真をインスタグラムに投稿したのは木村本人だ。5月8日にインスタグラムのアカウントを開設すると瞬く間に183万人以上(5月19日現在)のフォロワーを獲得している。

 公開されたのは、昨年の正月に亀梨と山下が木村宅を訪れたときに撮った一枚だ。

 豪華すぎるスリーショットにファンは歓喜したが、3人の並びと同じく注目されたのは背景だった。リビングと目されるその部屋の壁がモザイク処理されていたからだ。

「実は木村さんは1年半前に中国版ツイッターの『微博』にアカウントを開設していますが、そこで公開する写真にも、たびたびモザイクがかけられていました。しかも、決まって自宅の部屋の壁がモザイク処理されている。ファンの間では、自宅の壁に“木村家の秘密”が隠されているのではと噂されていました」(木村のファン)

 そうした中、今年の4月13日、微博に投稿された一枚の写真が、モザイクの向こう側を匂わせた。

 この日は妻・工藤静香(50才)の誕生日前日。「happy birthday」というメッセージと共に公開されたのは、木村が工藤の頬を片手で包み込んでいる、若かりし頃の仲むつまじいツーショット。その背景にも、やはりモザイクがかけられていた。

「ただ、普段と比べてモザイク処理が粗く、隙間から、タキシード姿の男性やウエディングドレス姿の女性がチラ見えしているんです。早速、木村さんのコアなファンなど、ネットの“解析班”が動き出し、ふたりの結婚式の写真が飾られているという分析に至ったのです」(前出・木村のファン)

 誕生日を祝う投稿に、なぜこの写真を選んだのか。

「14日には、ふたりの娘であるCocomiさんとKoki,さんもそれぞれSNSに、自分が赤ちゃんの頃に撮られた母親との写真をアップして、静香さんの誕生日を祝っています。過去の写真で祝おうというアイディアは、娘さんたちから父親にも伝えられたのでしょう。Cocomiさんの最近の写真には『by dad』と木村さんが撮影したことを示すクレジットが入っていたり、2人の娘さんのインスタライブに木村さんの声が入っていたりと、家族総出でSNSを楽しんでいるようです」(芸能関係者)

 ほかの“モザイク写真”の正体も、木村家の仲のよさがわかるプライベートショットなのではないか、とファンたちは分析しているという。

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン