ライフ

綿矢りさ、佐藤愛子と小島慶子のやりとりを悔しいと思った理由

作家の綿矢りさ氏はこう読んだ

 佐藤愛子さんと小島慶子さんが夫婦関係や人生について本音で手紙をやりとりした単行本『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』が大反響を呼んでいる。『九十歳。何がめでたい』の発売から4年、変わらぬ怒り節を炸裂させる佐藤さんと、論客として知られる小島さん。世代も考え方も違う2人の“真剣勝負”はこんな感じで展開する。

 *
佐藤愛子(96歳)×小島慶子(47歳)
「夫婦喧嘩」をめぐる手紙のやりとり(本書より摘要)

小島慶子
 夫はなぜ、私の孤独と不安にこうも無頓着なのでしょう。それともこんなことで激昂する私は、よほど了見の狭い女なのでしょうか。

VS

佐藤愛子
 慶子さんは我慢のし過ぎです。愛し過ぎです。愛が深いから、求める愛も深くなるのです。バケツの水をぶっかけてごらん。

 *
 そんな往復書簡エッセイ『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』を作家・綿矢りさんはどう読んだのか。綿矢さんによる書評をお届けする。

【プロフィール】
綿矢りさ/1984年生まれ。『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞。女同士の恋愛を描いた近著『生のみ生のままで』が話題に。

 * * *
 ともすれば深刻になりがちな夫婦喧嘩の話も、お二人は怒りのパワーで華やかに軽やかに綴っている。

その勢いに押されて、次から次へと読んでしまう。佐藤先生が小島さんに「ご亭主にバケツの水をぶっかけてごらん」と提案すれば、小島さんは「水をかけた後にそこらを拭くのがめんどくさそう」だと応え、かつてリビングの真ん中で夫に殴りかかったという話を披露。

 それに対して佐藤先生は「夫婦喧嘩の年季は入っているようだけど、まだ真髄には迫っていないねえ」と、とっておきの武器を伝授…。50歳の年の差を超え“夫婦喧嘩道”でこれほど盛り上がれるのは、馬が合う証拠でしょう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン