ライフ

教育界のノーベル賞トップ10入り教師選、子供が読むべき3冊

グローバル・ティーチャー賞にも選出された教師が紹介するのは

 学校再開に向けて動き出した地域もあるが、予断を許さない状況に変わりはなく、都市部では休校が続いている。京都・立命館小学校の英語教員、正頭英和さんは、新型コロナウイルスコロナの影響でたくさんのことが奪われてしまったものの、唯一得たものがあると話す。

「それは“時間”です。その大事な時間を、読書を通してぜひ興味や関心を伸ばしてほしいと思います」(正頭さん)

 2019年に“教育界のノーベル賞”ことグローバル・ティーチャー賞にトップ10入りした正頭さんは、休校中のいま、児童に読書を促している。そこで正頭さんに、子供が読むべき本を紹介してもらった。

【プロフィール】
◆立命館小学校英語教員・ICT教育部長 正頭英和さん/2019年に教育界のノーベル賞『グローバル・ティーチャー賞』トップ10入り。

 
 日頃、子供たちに「出会いを大事にしよう」と話している正頭さん。ここで言う出会いとは、“人”“非日常”“本”の3つだ。

「出会いは人生を豊かにし、自分を成長させてくれます。本が好きな人は、本から世界を広めることができる。本が苦手なら、人と話せばいい。人と話すことが苦手なら旅行という非日常でもいい。

 新しい出会いは心の健康にもつながります。学校ならクラス替えや席替えでハラハラドキドキする緊張感や高揚感が得られますが、休校が長引いているいま、本は高揚感をもたらす大切なツールなのです」(正頭さん・以下同)

 正頭さんは、休校中のいまだからこそ、勉強する意味を問い掛ける『手紙屋~蛍雪編~』を、そして外出自粛でイライラした日には、母親目線で日常を描いた絵本『おかあさんはね』を読んで、心を見つめ直すことを提案する。

【正頭英和さんがおすすめする3冊】
『手紙屋~蛍雪編~』
ディスカヴァー・トゥエンティワン/喜多川泰
「“なぜ勉強するのか”を考えたい人におすすめ。高校生と手紙屋さんとのやりとりを読むうちに、勉強したい気持ちがわいてきて楽しくなるかも」

『おかあさんはね』
マイクロマガジン社/エイミー・クラウス・ローゼンタール(著)、トム・リヒテンヘルド(イラスト)
 子供は毎日が学び。親も親で試行錯誤の連続。「絵本ですが、思春期の小中学生こそぜひ読んでほしい。ほんの少し、イライラした気持ちが落ち着くかもしれませんよ」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン