• TOP
  • 芸能
  • なぜTBSは局アナでなくフリーアナに“帯番組”を任せるのか

芸能

2020.05.25 11:00  週刊ポスト

なぜTBSは局アナでなくフリーアナに“帯番組”を任せるのか

林みなほアナは2016年、TBSラジオのプロデューサーと結婚

「なんでTBSを辞めるかというと、帯が全部、外注なんですよ。朝が夏目三久ちゃん、夕方がホラン千秋ちゃん、夜が小川彩佳さん。“私たちに帯の仕事、回ってこないから”とテレビで一緒になったTBSの子たちが言っていました」

 今年3月、元テレビ東京の人気アナウンサー・大橋未歩が『五時に夢中!』(TOKYO MX)でのこの発言が物議を醸した。

「アナウンサー同士の仲の良さについて話すなかで漏らしたものですがTBSはフリーで活躍するケースが続いていることもあり、 “核心を突いた発言だ”と話題になりました」(丸山氏)

 実際に女子アナたちはどのように感じているのか。当事者でもあった、林みなほアナ(現フリー・2012年入社)が心境を明かす。

「声を大にしては言いづらいですが(笑い)、もう少し局アナにメインを頼ってもいいのではないか、と思います。よくTBSのアナウンサーは“知名度が低い”などと言われることがありますが、それは起用される頻度や視聴率の高い番組の目立つポジションに起用されていないからではないかと思います。

 他局からフリーになったアナウンサーをメインやアシスタントに据えている番組が多いですが、TBSには華もあって優秀な先輩や後輩がたくさんいます。古谷有美さんや、加藤シルビアさん、出水麻衣さんにメインを任せてもいいのでは、と思うところはありますね(笑い)」

関連記事

トピックス