• TOP
  • 国内
  • 外出禁止でわが子を虐待してしまいそう… そんな時の対処法

国内

2020.05.26 16:00  女性セブン

外出禁止でわが子を虐待してしまいそう… そんな時の対処法

《リモートワークと外出自粛でイライラして、赤ちゃんを叩いてしまいます。その場から離れても、戻ってきたときにまだ泣いていると、やっぱりイライラしてしまう。絶対にダメだとわかっているのに、今日、子供を乱暴に床に置いてしまいました》

 大人は前述のような暴力やネグレクトといったわかりやすい行為にばかり目がいくが、一方で、子供たちから届く相談は「死ねと怒鳴られた」「家から出ていけと言われた」といった心理的虐待に関するものも多い。

《両親の喧嘩が収まりません。家が狭くて、逃げ場がない。外も、家も怖いです》《お父さんがお母さんをなぐります。わたしにできることはありますか》──

 両親のけんかや暴力を毎日見せることも、立派な虐待だ。

◆どんな親だって虐待の可能性がある

 積もり積もったストレスを子供にぶつけてしまう、子供の目の前で爆発させてしまう──温かいはずのわが家が“コロナ虐待”の現場になってしまうのはなぜなのか。母娘関係専門カウンセラーの高橋リエさんは「子供に理不尽に怒りをぶつけてしまう原因は“過去の恐怖”」だと話す。

「ご自身の子供の頃を思い出してください。ほとんどの人が親から“なんでこぼすの!”と叩かれたり、“早くしなさい!”と怒鳴られたりした記憶があるはず。いまは“厳しくしつけてもらった”“苦労をかけた”と親に感謝していても、子供の当時は“怖い”“痛い”“嫌だ”などと強く思ったはず。どんなに親に感謝していても、怖い思いをした記憶とは別物で、大人になっても消えません。

 自分の子供がかつての自分と同じシチュエーションになると、無意識にわが子とかつての自分を重ね合わせ、“怒られて怖かった”という思いがわいてきます。すると、恐怖に対処するために怒りの感情となって勝手に表れるんです」(高橋さん・以下同)

 虐待の“素養”は、誰にでもあるということ。いまのストレスフルな状況が恐怖に拍車をかけ、虐待を招いているのだ。

◆目をそらさず子供の顔を見つめてわれに返る

 多大なストレスを理性で抑え込む苦労は並大抵ではない。わが子に向けないためには、どうすればいいのだろうか。

「親に厳しく叱られた」という当たり前の体験が原因になっている以上、打開策は“対処療法”しかない。

 過去の恐怖と怒りでわれを失っているのを、強制的にクールダウンさせるには、いちど怒りから“意識をそらす”のがいい。

「例えば、手が出そうになったら、冷蔵庫の扉を両手で触ったり、氷を握りしめたりして冷たさを感じる。太ももなどを軽く叩いて痛みを感じる。“部屋の中にある赤いものを数える”など、自分の五感に集中するような行為は、気持ちを落ち着かせてくれます」

関連記事

トピックス