芸能

EXITりんたろー。と小島よしおのYouTubeチャンネルに高評価

YouTubeが高評価の小島よしお

 緊急事態宣言中、テレビ番組の撮影は軒並み延期、その代わりに、YouTubeチャンネルを開設する芸能人が続出した。チャンネル数は激増、内容も玉石混淆の芸能人チャンネルを、コラムニストの今井舞さんが斬る。

 * * *
 エンターテインメントの王道を行くはずのお笑い芸人たちは、本業の反動からか、意外とお役立ち系が多い印象。あまり動画を見ない私が最近影響を受けてしまったのは、EXITのりんたろー。(34才)。

 なんと外出自粛のリモートワーク間に、自炊で12kg減量に成功。その毎日の料理の様子がアップされている動画が話題だと聞き、「飯だけでそんなにやせるかぁ?」と半信半疑で見始めたのですが…。

 とにかく野菜中心。味つけはすぐ手に入る調味料で、味見しながら適当に。肉類などのたんぱく質は摂るが、炭水化物はほぼなし。

 それでもお腹がいっぱいになるくらい量はたっぷり。難しくないレシピで並行して何品かを作っていく。素人感全開で、調理中にほかの料理がコゲたりするんですが、気にせずサクッと1食分が完成。速水もこみち(35才)のようなこなれ感は皆無で、清潔感にも少々欠けるグチャッとした作り方ですが、「毎日自分で作るならこのレベルだな」と、料理があまり好きじゃない人の身の丈にドンピシャ来る感じ。

 一見ガサツに見えて、ささみの筋を除いたり、酒や片栗粉で下味をつけて臭みを取ったりと、要点はしっかり押さえてあり、どれも結構おいしそう。

 何より調理中の彼が楽しそうで、どうしても料理作りに食指が動かないときでも、「あんな感じでいいんだ」とハードルが下がり、外食やテイクアウトに流される機会が減るという効果が。いや、まだやせてないけど。イメトレとしてぜひ。

芸能人YouTuberの辛口採点表

 YouTubeでも己の道を貫き続ける小島よしお(39才)は、独自の教育動画で人気に。早稲田大学教育学部卒業の頭脳と、体を張った芸風の融合で、とにかく「子供にウケる」勉強法を伝授。股間に分度器をあてがい、足を開いて角度を教えるなど、母親が思わず眉をしかめるような、ドリフ的境地から教えを繰り出してきます。

 ユーモラスな動きと、子供好きする下ネタの配置の妙で、子供まっしぐら。実は教育の専門家がしっかり監修しているので、食いついた後は、楽しみながらいつのまにか正しい知識が頭に。

 しかしどんなに秀逸でも、決してEテレでは放送できない内容は、まさにYouTubeにうってつけ。意外と海外進出したりするかも。

※女性セブン2020年6月18日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン