• TOP
  • ライフ
  • あじのカリカリ薬味丼ほか、定番丼に一味プラスしたレシピ

ライフ

2020.06.23 07:00  女性セブン

あじのカリカリ薬味丼ほか、定番丼に一味プラスしたレシピ

 一見「手抜き?」と思われがちな丼メニューも、料理の専門家がリアルに食べているイチオシの丼なら、おいしさ太鼓判。そこで、料理家・野本やすゆきさんに、定番丼にひと味プラスした、絶品丼のレシピを紹介します。

【教えてくれたのは……】
料理家・野本やすゆきさん/谷中松寿司三代目として店を経営するかたわら、作りやすい魚料理を多くの媒体で紹介。近著に『おうちすし』(世界文化社)。

『あじのカリカリ薬味丼』

梅の酸味に香味野菜で初夏らしさ満載

●材料
ご飯…適量、あじ(刺身用のさく、3枚におろしたもの)…2尾、
A[しょうが(すりおろす)…小さじ1、しょうゆ…大さじ2、カリカリ梅(粗みじん切り)…2個、ねぎ(みじん切り)…1/4本]
B[みょうが(縦半分に切って小口切り)…2個、青じそ(手でちぎる)…2枚、白ごま・のり(手でちぎる)…各適量、貝割れ大根…1/4パック]

●作り方
【1】あじは(皮があるものは皮をむき、小骨があれば取り除く)、縦半分に切り、5mm幅の斜め切りにする。
【2】【1】をボウルに入れ、Aを加えて全体になじませたあと、Bも加えてさっくりと混ぜ合わせる。
【3】器にご飯を盛り、のりをちらす。【2】をのせ、白ごまを振りかけ、貝割れ大根の根元を切ってのせる。

●時短POINT
「あじは刺身用におろしたものを買えば、あとは切って混ぜるだけで面倒なことはナシ」(野本さん)。薬味の香りとたれがしみたご飯で、かきこみたくなるおいしさ。

関連記事

トピックス