国際情報

北京で輸入サーモン切った俎板からコロナ 日本料理店大打撃

市内ではサーモンの流通がゼロに

 中国の首都・北京市の食品卸売市場で、新型コロナウイルスの集団感染が判明し感染の「第2波」の恐れが強まるなか、北京市当局は感染源と伝えられる「海外からのサーモン」の輸入を全面的に禁止。この措置がいつまで続くのか見通しは立たない状況だ。サーモンの刺身などを出す日本料理店には閑古鳥が鳴いており、深刻な打撃を受けている。

 この食品卸売市場「新発地」で、ウイルスが見つかったのは6月11日で、市当局の調査では、ウイルスは輸入サーモンを切ったまな板から見つかったという。

 中国メディアによると、直ちに北京のあらゆるスーパーマーケットの棚からサーモンが取り除かれて、市内ではサーモンの流通はゼロになった。

 ロイター通信によると、オスロに拠点を置く魚介類の輸出業者のレジン・ヤコブセン最高経営責任者(CEO)は「いまはサーモンを中国に送ることはできないし、市場は閉鎖されている」と述べている。また、ノルウェー・ロイヤル・サーモンのセールス・マーケティング責任者、スタイン・マルティンセン氏も「中国への販売をすべて停止し、状況が明らかになるのを待っている」と答えている。

 北京市内の朝陽地区にある高級日本料理店の幹部は香港メディアの取材に対して、「すべての予約がキャンセルされ、収益はほぼゼロになった。4月下旬からビジネスは持ち直した矢先だったが、今回のサーモン騒動は日本食レストランを直撃しており、今後の見通しは全く立たない状態だ」と悲観的だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン