国内

倉田真由美氏が分析 小池百合子と蓮舫、辻元、稲田との違い

倉田氏は「きっと話しかけない」(写真/共同通信社)

 ベストセラーとなっている『女帝 小池百合子』はそう問いかけているが、厳しい目を持つ女性たちに小池百合子都知事(67)の「真実の姿」はどう映っているのだろうか。漫画家の倉田真由美氏(48)が分析する。

 * * *
 4年前の都知事選、古い体質の都政に拒否反応があった私は、それに対決する小池百合子さんを強く支持していました。あの時の“風”に乗ってしまった典型的なタイプでした。多くの人が風に乗せられましたが、小池さんが何をしたのかというと結局、一歩も動いてなかった。

 今は新型コロナ対策という風に乗っていますが、いまさら小池さんを応援するようなスタンスにはなれません。

 でも、小池さんが圧倒的に衆目を引くのは確かです。その理由は喋り方なのか、声なのか、言葉選びなのかわかりませんが、明らかにテレビ映えします。風を見抜くことがお上手で、その発信力でさらに風を強くできる。

 私自身は小池百合子を好きか嫌いかといわれると「嫌い」のほうになりますが、「凄い人」だとは思っています。女が成功するにはこういうやり方もあるんだ、といういいサンプルとして。

 女性が成功するにはいくつかの方法がありますが、例えば男勝りで男の世界に入っていく人。蓮舫さんや辻元清美さんのようなパンツスーツを着た人はまさにそのタイプですが、男勝りは男性に反感を買いやすく、あまり成功しないんです。

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン