辻元清美一覧

【辻元清美】に関するニュースを集めたページです。

倉田真由美氏が分析 小池百合子と蓮舫、辻元、稲田との違い
倉田真由美氏が分析 小池百合子と蓮舫、辻元、稲田との違い
 ベストセラーとなっている『女帝 小池百合子』はそう問いかけているが、厳しい目を持つ女性たちに小池百合子都知事(67)の「真実の姿」はどう映っているのだろうか。漫画家の倉田真由美氏…
2020.07.03 16:00
週刊ポスト
反安倍を叩きまくる安倍首相「宣伝工作部隊」の素性
反安倍を叩きまくる安倍首相「宣伝工作部隊」の素性
 11月20日、ついに憲政史上最長の在任日数となった安倍政権。森友問題や加計問題など、これまでも数々の騒動があったにもかかわらず、「安倍一強」を保てたのはなぜなのか。それは、官邸でも…
2019.12.05 07:00
週刊ポスト
高須院長 ウーマン村本と「いつかは会って話してみたい」
高須院長 ウーマン村本と「いつかは会って話してみたい」
 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、話題となったツイッターでのやり取りやメ…
2019.02.09 07:00
NEWSポストセブン
マスコミが変わらねば、まっとうな女性政治家の登場は難しい
マスコミが変わらねば、まっとうな女性政治家の登場は難しい
 女性政治家の失言やスキャンダルが政界に嵐を呼び、女性都知事がその嵐に乗じるも、彼女もまた躓いてしまう。そんな昨年の衆院選を批評した古谷経衡氏が国際情報誌・SAPIOに綴った「女性政治…
2018.02.19 07:00
SAPIO
希望・維新連立なら野党第一党に 安倍氏が喜ぶ事情
希望・維新連立なら野党第一党に 安倍氏が喜ぶ事情
 小池百合子・東京都知事が代表を辞任した希望の党。関係者が注目しているのが橋下徹氏の存在だ。政策の類似性、地方政党を率いた立場としてのシンパシーなど、共通点がある小池氏を橋下氏が…
2017.11.22 16:00
週刊ポスト
小池、蓮舫、山尾、野田、豊田…古谷経衡氏の女性議員通信簿
小池、蓮舫、山尾、野田、豊田…古谷経衡氏の女性議員通信簿
 日本の女性議員比率はOECD最下位。数少ない女性議員も、暴言騒動や不倫疑惑などで続々と「オウンゴール」した。日本の女性議員は、数・質ともに残念な状況だ。評論家の古谷経衡氏が、注目を…
2017.11.10 07:00
SAPIO
罪深い小選挙区比例代表並立選挙政策 いまだ修復不能
罪深い小選挙区比例代表並立選挙政策 いまだ修復不能
 1990年代は選挙制度が大きく変わったことをきっかけに、戦後55年体制が崩れ、政権交代が起きた。思想史研究家の片山杜秀氏と、元外交官・作家の佐藤優氏が、曖昧な存在を許さず、窮屈な社会…
2017.08.21 07:00
SAPIO
佐藤優氏「自社さ連立がなければ橋本内閣は生まれなかった」
佐藤優氏「自社さ連立がなければ橋本内閣は生まれなかった」
 歴史認識を巡って近隣諸国との諍いが絶えない。だが、それは今日に始まったことではない。昭和天皇の崩御を契機に、戦後日本の宿題が顕在化し始めた。同時期、国内政治では、五五年体制の終…
2017.06.16 07:00
SAPIO
「いま代表選したら蓮舫は2票しかとれない」と民進党若手
「いま代表選したら蓮舫は2票しかとれない」と民進党若手
 民進党がボロボロだ。7月に予定されている東京都議選予測では「獲得議席ゼロ」の予測まで出ている。都議らの離党者が相次ぎ、離党ドミノは国会議員にも波及。結党からわずか1年で崩壊過程に…
2017.04.20 11:00
週刊ポスト
“森友祭り”で一番の勝ち組は首相に食い込むフジサンケイG
“森友祭り”で一番の勝ち組は首相に食い込むフジサンケイG
 連日、“森友祭り”のテレビのワイドショーも笑いが止まらない。「とにかく絵(映像)が面白い。登場人物のキャラが立つ。次々に新ネタが出てきて視聴者を飽きさせない。こんな3拍子揃ったネタ…
2017.04.04 11:00
週刊ポスト
自民党、派閥人事廃止で「頭脳が対応できない」大臣が続々誕生
自民党、派閥人事廃止で「頭脳が対応できない」大臣が続々誕生
 俸給月額146万6000円。期末手当(ボーナス)436万円。それらを含めた年収は約2700万円で、これとは別に国会議員として文書通信交通滞在費が1200万円、立法事務費が780万円……。「国務大臣」の…
2017.03.04 07:00
SAPIO
腰にリボン稲田防衛相 強面のはずがガーリーな実態に違和感
腰にリボン稲田防衛相 強面のはずがガーリーな実態に違和感
 女性セブンのアラカン名物記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中のおかしなことに怒りをぶつける! 今回のターゲットは、稲田朋美防衛大臣です。 * * * 女性政治家のここぞという時…
2017.02.16 16:00
女性セブン
永田町裏流行語「抱きしめちゃう」「ヒゲ佐藤→パンチ佐藤」
永田町裏流行語「抱きしめちゃう」「ヒゲ佐藤→パンチ佐藤」
 永田町には一般の人が聞いてもなかなかわからない、与野党の国会議員や秘書、国会職員たちの間だけで流行った独特の隠語、符牒がある。いわば「永田町裏流行語」だが、背景には意外に深~い…
2015.12.14 07:00
週刊ポスト
国会セクハラ戦術 これでは「痴漢冤罪」と同じと自民関係者
国会セクハラ戦術 これでは「痴漢冤罪」と同じと自民関係者
 参院平和安全法制特別委員会での採決が迫った9月16日夜、鴻池祥肇・委員長のいる理事会室の前には採決に抗議する野党議員が集まり、与党議員や秘書も入り乱れての大混乱、鴻池氏が理事会室を…
2015.09.25 16:00
週刊ポスト
アベさまのNHKへ変質か 首相の「早く質問しろよ」ヤジ黙殺
アベさまのNHKへ変質か 首相の「早く質問しろよ」ヤジ黙殺
 安倍政権でマスコミに睨みを利かせる菅義偉・官房長官は、「毎朝NHKの『おはよう日本』のニュースヘッドラインをチェックしている」(官邸筋)といわれる。 政府スポークスマンとして世の動…
2015.06.12 07:00
週刊ポスト

トピックス