• TOP
  • スポーツ
  • 競馬のネット投票は5通り オッズ投票に挑戦すると便利だった

スポーツ

2020.07.05 07:00  週刊ポスト

競馬のネット投票は5通り オッズ投票に挑戦すると便利だった

オッズで検討するという手もある

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、ネット投票の利便性のひとつである“オッズ投票”に挑戦した顛末についてお届けする。

 * * *
 ネット投票にもすっかり慣れ、キー操作も軽快である。一方で体は重い。

 運動不足だ。思えば、競馬場通いは格好のトレーニングになっていた。府中にしても中山にしても、もちろん京都・阪神でも、競馬場の広い空の下に辿り着くまでにずいぶんとカロリーを消費した。場内でもパドックと本馬場の間をサクサク動いた。ダッシュしたり階段をかけのぼったり。腹の底から大声を出したり。

 それがゼロだ。そこでレースの合間に腕立て伏せや反復横跳びを……との珍案も過ったが、そんなものは本筋じゃない。動かないぶん頭を使えばいいのだった。

 ネット投票での馬券(?)の買い方は5通り。通常投票、オッズ投票、マークカード投票、予想印投票、パック投票。ゲートが5つもある。

 もっぱらマークカード投票だ。競馬場での買い方と同じで慣れ親しみ、他は目に入らなかった。しかし買い目が増えると面倒なこともままある。そこで他の買い方にも手を伸ばしてみた。オッズ投票である。

 やってみると便利だった。3連複を狙うときなど、オッズがわかりやすく、決断の参考になるのだった。

関連記事

トピックス