芸能

『BG』撮影で木村拓哉シフト リアリティより感染予防優先

テレビ朝日が期待するドラマも感染予防に苦慮

 6月18日放送の第1話が視聴率17.0%と好スタートを切った木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の現場では、徹底した「キムタクシフト」が敷かれているという。

「警護シーンはなるべく木村さんを先頭にして、前方者の呼気を吸い込まない工夫をし、アクションシーンや爆破シーンなどは大幅に削減したそうです。

 こうした配慮によってリアリティが薄れてしまう部分はありますが、主要キャストの感染予防を優先させたそうです」(テレビ誌記者)

 コロナ禍での撮影は、現実の警護と“誤差なし”とはいかないようだ。

 同じくテレ朝の『特捜9』(主演・井ノ原快彦)では、取り調べで刑事と容疑者が向き合うシーンが不可欠だが、

「透明アクリル板を挟んで対面シーンを撮影し、その後画像処理でアクリル板を消す処理をしている」(テレ朝関係者)

 というから大変だ。テレビドラマ撮影の現場に詳しい芸能評論家の三杉武氏がいう。

「第2波、第3波を想定すると、少なくとも今年いっぱいは制約の中での撮影が続くとみられています。今後は『リモート撮影』だけで製作するドラマが登場する可能性もある。ドラマ現場は端境期を迎えていると言えます」

 新型コロナは「撮影様式」も大きく変えようとしている。

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン